Cloud Run へのサービスのデプロイ

すべての設定が完了したら、Cloud Run にサービスをデプロイしてサービスを公開できます。

実行構成の定義

サービスをデプロイする前に、実行構成を作成する必要があります。

  1. ナビゲーション バーの [Run/Debug configurations] セレクタに移動して、[構成を編集] をクリックします。
  2. [Cloud Code: Cloud Run] の実行構成を選択します(または新しい実行構成を追加します)。
  3. Google Cloud プロジェクト ID を設定します。
  4. [Deployment Platform] で、プラットフォームの設定([Cloud Run (fully managed)] または [Cloud Run for Anthos on GKE])を選択します。各オプションの詳細については、Cloud Run プラットフォーム ガイドをご覧ください。

    • [Cloud Run (fully managed)] を選択した場合は、デプロイ先のリージョンを選択します。
    • [Cloud Run for Anthos on GKE] を選択した場合は、Kubernetes クラスタ情報を構成します。

      デプロイ プラットフォームのオプション: [Cloud Run (fully managed)](選択してリージョンを指定)と [Cloud Run for Anthos on GKE]

  5. サービスが公開 API またはウェブサイトである場合は、認証設定に [Allow unauthenticated invocations] を選択します。それ以外の場合は、[Require authentication] を選択します。

  6. [Revision Settings] では、コンテナ イメージの保存場所(サービスのビルドとコンテナ化が完了した時点でサービスが保存される場所)が、コンテナ イメージの URL フィールドに自動的に入力されます。

    この値は、Google Cloud のプロジェクトとサービスの名前に基づいています。

    必要に応じて、この値をオーバーライドできます。

    • Cloud Run(フルマネージド)と Cloud Run for Anthos のどちらでも、Google Container Registry にイメージを保存し、次の形式を使用できます: gcr.io/{project-name}/{image-name}。ここで {project-name} は GCP プロジェクトの名前で、{image-name} はコンテナ イメージ リポジトリを指します。
    • [Cloud Run for Anthos] の場合は、Docker Hub にイメージを保存することを選択できます(非公開の Docker Hub リポジトリを使用する場合は適切に認証されるようにしてください)。使用する形式は docker.io/{account} です。ここで、{account} は Docker Hub アカウントの名前です。

      サンプル フィールド(プロジェクト ID とリージョン)が入力された状態で開かれている実行 / デバッグ構成

  7. ビルダーのオプションとそれに関連する設定を指定します。

    Cloud Code は、Docker、Jib、Buildpacks のアーティファクト タイプをサポートしています。

  8. [OK] をクリックします。

オプション: 構成のカスタマイズ

サービスをデプロイする際に、サービス アカウントや環境変数などの追加の設定を指定することもできます。Cloud Run(フルマネージド)、VPC コネクタ、SQL 接続を使用する場合は [構成を編集する] を選択する際に、[詳細なリビジョン設定] セクションを使用すると指定できます。

環境変数:

次の環境変数が実行中のコンテナに自動的に追加されます。

名前 説明
PORT HTTP サーバーでリッスンする必要があるポート。 8080
K_SERVICE 実行されている Cloud Run サービスの名前。 hello-world
K_REVISION 実行されている Cloud Run リビジョンの名前。 hello-world.1
K_CONFIGURATION リビジョンを作成した Cloud Run 構成の名前。 hello-world

サービスをデプロイする

サービスをデプロイするには、次の手順に沿って操作します。

  1. 上部のタスクバーの [Run/Debug configurations] ダイアログから、実行ターゲットを選択します。
  2. [実行] アクションの実行アイコン をクリックします。
  3. 出力ウィンドウに表示された URL を使用して、実行中のサービスを表示します。
  4. 出力ウィンドウに表示されるログ URL に沿って、サービスのステータス(指標、リビジョンの詳細など)を表示することもできます。

    Console でのサービスのステータスの表示

サポートの利用

フィードバックを送信するには、GitHub で問題を報告するか、Stack Overflow で質問します。