Cloud Code 拡張機能

Cloud Code は、IDE での Kubernetes アプリケーションの開発サイクル全体をサポートします。すぐにデプロイ可能なサンプルと、そのまま使用可能な構成スニペットが用意されているため、クラスタの作成から、完成したアプリケーションのデプロイまで総合的にサポートされ、カスタマイズされたデバッグ機能を活用できます。これにより、Kubernetes での開発がより簡単になります。

Cloud Code はすべての Kubernetes クラスタに対応しますが、Google Cloud Platform でホストされるクラスタであれば、効率的な GKE 機能によって簡単に作成できます。また、Cloud Source Repositories、Cloud Storage、さまざまな Cloud ライブラリといった GCP ツールともスムーズに統合できます。

Cloud Code は VS CodeIntelliJ のどちらでも使用できます。

機能

Cloud Code が VS Code と IntelliJ に提供する機能は次のとおりです。
Cloud Code の機能 VS Code IntelliJ
Java のサポート
Node.js、Go、Python、.NET Core のサポート *
すぐに使えるスターター テンプレートのデプロイ
すぐに使えるスターター テンプレートのデバッグ
複数のデプロイ プロファイル / ターゲットのサポート
「コードからクラスタへの」手動デプロイまたは継続的デプロイ
開発中の K8s アプリケーションのデバッグのサポート
Skaffold 構成編集のサポート
基本的な K8s YAML のサポート **
高度な K8s YAML のサポート
K8s リソースの検査と参照
GKE [Google]、EKS [AWS]、および AKS [Azure] での K8s クラスタの作成
ログのストリーミングと表示
デプロイでの Cloud Build のサポート
リポジトリのクローンの作成と Cloud Source Repositories への push のサポート
Stackdriver スナップショット ベースの本番環境でのデバッグ
Google Client Library Manager
Google Cloud Storage のサポート
Google App Engine のサポート
Cloud Storage ブラウザによるバケットと blob の表示のサポート
* Java は Cloud Code for IntelliJ のすべての機能に関してサポートされています。Node.js、Go、Python は Kubernetes の機能に関してサポートされています。

** IntelliJ Ultimate に含まれており、JetBrains Kubernetes プラグインを通じて利用できます。