メニュー

あらゆる規模の企業に対応するクラウド ネイティブ セキュリティ

Chrome OS、Chromebooks、Chrome ブラウザを使用すれば、承認済みアプリ、従来型ソフトウェア、仕事をするために必要なその他のリソースに安全にアクセスできます。つまり、安心してクラウドを使うことができるということです。

Chrome OS によるデバイスのセキュリティ保護

Chrome OS が従業員やデータをセキュリティ侵害から保護する仕組みをご覧ください。

Chrome ブラウザによる企業のセキュリティ保護

Chrome ブラウザがマルウェアやフィッシング攻撃からユーザーを保護する仕組みをご覧ください。

Chrome Enterprise による管理の効率化

IT 管理を Chrome Enterprise ライセンスで簡素化しつつ、きめ細かな制御を可能にする方法をご覧ください。

すべてのクラウド エントリ ポイントでの多層防御

デバイス
どの Chromebook のハードウェア セキュリティ モジュールにも、暗号鍵が格納されています。
ファームウェア
OS が改ざんされている場合は確認済みブートで検出され、ファームウェアで起動されるのは代替コピーになります。
OS
OS はデータとユーザーのレベルで暗号化されるため、生産性が向上します。また、セキュリティ更新はバックグラウンドで行われます。
ブラウザ
悪意のあるウェブページへのアクセスをセーフ ブラウジング機能で防止します。また、アクセス可能な領域は、タブ内のサイトをサンドボックス機能で分離することにより保護されます。
アプリケーション
Google Play では、ユーザーの安全を維持するために、悪意のある脅威がないかどうか、何十億ものアプリを毎日検査しています。
予防的保護
不正アクセスを防止し、潜在的な脅威があればユーザーに警告します。
確認済みの起動によるマルウェアの検出と改ざん防止
ユーザーごとのデータ暗号化機能によるデータのエンコード
一時的ログインモードを使ったセッションの終了後は、どのデバイスからもデータを消去
セーフ ブラウジングを使用してユーザーにリスクを警告し、感染したサイトへのアクセスを阻止
ユーザーのサンドボックス化により、ユーザー セッションを分離して潜在的な脅威を封じ込める
デバイスが危険にさらされる前に、Google Play プロテクトで悪意のあるアプリを報告
きめ細かいポリシー制御
すべてのデバイスでユーザーのクラウド アクティビティを管理します。
どこからでもデバイスのプロビジョニングとモニタリングが可能
導入したその日から全従業員のコンプライアンスを確保
デバイスの紛失や盗難が発生した場合はリモートロックで不正アクセスを阻止
従業員用のアプリストアを独自にキュレート
ユーザーレベルにまで至る 300 以上の細かいセキュリティ ポリシー
拡張機能をホワイトリストに登録し、害を及ぼす可能性があるアプリケーションを回避
継続的な脆弱性管理
ワークフローを中断することなく新たな脅威を阻止します。
自動パッチ適用により、発覚前に脆弱性をセキュリティ保護
6 週間おきにリリースされるセキュリティ更新で最新状態を維持
シームレスなデプロイで定期的にバグを修正
強制的な更新により発生するダウンタイムを回避
最新のファームウェアで即座にユーザーとデバイスを更新
データ移行中でも作業が可能

Chrome Enterprise ライセンスで、これらの機能とその他の機能をご利用いただけます。

Chrome Enterprise のセキュリティの詳細

Chrome Enterprise のセキュリティ

Chrome Enterprise のセキュリティ機能によって、クラウドでのビジネスの安全性が維持される仕組みをご確認ください。

Chrome ブラウザのセキュリティ

クラウドに安全に接続するための Chrome ブラウザの仕組みをご確認ください。

起動からシャットダウンまで安全が確保される Chrome OS

Chrome OS の機能の詳細をこちらのオンデマンド ウェブセミナーでご覧ください。

Chrome Enterprise で効率よく安全に作業する

この NEXT'18 セッションで、Chrome Enterprise がエンドポイントを保護する仕組みをご覧ください。