Chrome Enterprise を使用して在宅勤務を可能に

Chrome Enterprise は、リモート ワーカーがデバイスの安全性を保ちながら効率よく在宅勤務を進め、IT 部門がデバイスをリモートで管理できるようにする、最新の安全なソリューションです。

Chrome デバイス

在宅勤務でもビジネスを止めない

インフォメーション ワーカーや現場の従業員はリモートで働くことができます。Chrome Enterprise では、クラウドを使う準備が整っている従業員にも、VDI からアプリケーションにアクセスしなければならない従業員にも、安全で管理しやすいソリューションを提供します。

どこにいてもセキュリティを確保
  • 定期的なセキュリティ アップデートをリモートでダウンロード
  • 紛失や盗難が発生した場合にデバイスを無効化
  • デバイス上のストレージの暗号化、サンドボックス技術、確認済みの起動
  • 組み込みのウィルス対策機能
  • Chrome Enterprise のセキュリティの詳細

リモート管理
  • IT 部門がクラウドベースの Google 管理コンソールをリモートで管理
  • Wi-Fi、VPN、証明書を設定すればユーザーが企業データにアクセス可能
  • アプリケーション、ブラウザ拡張機能、ブックマークをリモートで設定
  • セキュリティとプライバシー管理の強化など、300 を超える設定とポリシー
すべての従業員に向けたアプリ
  • ブラウザを介したクラウドベースのアプリ
  • Citrix、VMware、Cameyo などの VDI ソリューションを介した Windows アプリ
  • G Suite、Office 365、Zoom といった幅広い生産性向上アプリに対応
  • Google Play ストアの大規模なアプリ エコシステム
短期間での導入
  • イメージ作成は不要
  • 従業員はクラウドベースのプロファイルから設定とアプリをダウンロードして、迅速な業務開始が可能
  • サポート対象の販売パートナーによるホワイト グローブ サービスを利用すれば、IT による構成なしに使用可能

当社の目標は社内での Chromebook 利用率を 90% まで上げることです。なぜなら、Chromebook を使えばインフラストラクチャへの依存度が低くなるからです。家にいても、出張先のカフェにいても、Chromebook を開くだけで作業を開始できます。

YoungCapital 社 CIO John Muller 氏
Chromebook

大幅なコスト削減も実現

従業員のダウンタイムを減らし、セキュリティ違反を防止して、ハードウェアとライセンス費用を軽減することで、デバイス 1 台あたり年間 $482 のコスト削減が可能です。

Chromebook によるコスト削減の詳細を見る  

*参照元: ESG ホワイトペーパー

リモート ワーカー

すべてのリモート ワーカーに Chromebook を

タッチ スクリーン、SSD(ソリッド ステート ドライブ)、長時間駆動可能なバッテリーの付いたノートブックやコンバーチブル型など、復元性に優れた Chromebook を幅広い種類の中からお選びいただけます。Chromebook は起動が速く、使用中にレスポンスが遅くなることもありません。次のようなリモート ワーカーに最適です。

  • マーケティング プロフェッショナル、セールス プロフェッショナル
  • コンタクト センターの従業員
  • 仮想医療従事者
Chromebook のラインナップを見る  
Chrome ブラウザの管理

Chromebook など複数のプラットフォームで Chrome ブラウザを管理

組織が複数のプラットフォームを持っている場合でも、Google 管理コンソールを使用して、追加費用なしで、会社全体の Chrome ブラウザを管理できます。Chrome ブラウザを管理することで、ビジネスデータの安全性を維持でき、さらに従業員体験の向上にもつながります。IT 部門が簡単にブラウザを登録して、ネットワーク内とネットワーク外の両方でポリシーの適用を開始できます。拡張機能のデプロイと管理を一元化して、さまざまな場所で働く従業員をサポートできます。

使ってみる  

Google のパートナー

Chrome Enterprise の販売パートナーがリモートワーク戦略の計画をお手伝いします。