Chrome Enterprise を利用できる Chromebook 貸し出しプログラム

セルフサービス型 Chromebook 共有プログラム

Chromebook で従業員の生産性を維持しましょう

職場のラックには Chromebook が並んでいます。従業員はそこから 1 台を手に取り、すぐに作業を開始できます。作業が終わったら次のユーザーのために元の場所に返します。再構成の必要はありません。

以下の用途におすすめです。

  • レンタル用デバイス
  • 臨時作業者
  • シン クライアントの代替
  • 現場の作業者
  • デバイスの共有
Chromebook が並ぶラックにノートパソコンを戻す従業員
Chrome 同期が表示されている Chromebook

ダウンタイムの削減

Google アカウントと Chrome 同期により、ユーザーはクラウドで前回中断したところからすぐに再開できます。

Chrome セキュリティが表示されている Chromebook

セキュリティの強化

Chrome OS は、暗号化されたプロファイル、確認済みの起動、自動更新、ログインの制限といった機能を備えています。

Chrome のメンテナンスが表示されている Chromebook

メンテナンスの軽減

Chromebook の設定は簡単です。貸し出すたびにリセットしたり再構成したりする必要はありません。

さあ、使ってみましょう

1

借りる

従業員は必要なときに、ラックから Chromebook を取り出します。

2

使用する

自分のプロファイルにログインして、作業を開始します。必要に応じてデバイスの貸し出し時間を延長できます。

3

戻す

貸し出し時間が終了したら、Chromebook をラックに戻してプラグを差し込みます。

Chromebook 貸し出しプログラムにご興味をお持ちの場合

Chromebook 貸し出しプログラムの導入エキスパートまでお問い合わせください

お問い合わせ

Chromebook 貸し出しプログラムをお客様自身で導入する場合は、次のリソースが役立ちます

手順ガイド

Chromebook 貸し出しプログラムをサポートするパートナー

Google は、先進的な企業と連携して Chromebook 貸し出しプログラムを提供しています。お客様の企業もこれらのパートナーと連携して、パートナーが提供する導入サービスやトレーニング サービスを受けたり、ラックや配線の設置のサポートを受けたりすることができます。

Google がテストし、クラウド利用者が認めた

Chromebook 貸し出しプログラムが IT 管理者やユーザーにもたらすメリットをご覧ください。

Chromebook 貸し出しプログラムの導入事例

すべての導入事例を見る