クラウド ワーカーの時代が到来

私たちの働き方は変化しました。仕事中にリアルタイムでコラボレーションする必要があり、シームレスかつ即時に情報にアクセスできることが期待されています。こうした変化に対応できるのがクラウドです。クラウド ワーカーになる機会は、誰にでも平等に開かれています。クラウドで共同作業を行えば、ビジネスで競争優位に立つことができます。

Chrome クラウド ワーカー

クラウドの効率、スピード、コラボレーションに関する統計情報

インフォメーション ワーカーの 4 人に 1 人はすでにクラウドで作業を行っています。*

企業の 81% が新しいビジネスアプリにクラウド第一または優先の戦略を採用しています。*

従業員の 80% は、ジョブの成功はさまざまなソースからのデータにすぐにアクセスすることにかかっていることに同意しています。*

*出典: Google の委託により Forrester Consulting が実施した調査(2018 年クラウド ワーカー時代におけるテクノロジー再考

クラウド ワーカーへの道筋

クラウド ワーカーへの道筋の説明
1. ブラウザをモダナイズする 2. IT 管理を最適化する 3. ワーカーのクラウド導入準備体制を評価する 4. クラウド ネイティブなデバイスを導入する 5. 投資を拡大する

クラウド ワーカー向けのクラウドネイティブ デバイスを使用する利点

ビジネス上のメリット

ビジネス
ビジネス

セキュリティを
考慮した設計

ビジネス

きめ細かい
制御

ビジネス

賢明な
投資

従業員のメリット

従業員
ビジネス

エンタープライズ
アプリケーション

ビジネス

高品質な
ハードウェア

ビジネス

作業効率の
向上

現場の社員をクラウド ワーカーに

現場の社員は企業の顔ともいえる重要な存在です。お客様へのサービス提供はこれらの社員が担当するため、現場の社員の作業環境が向上すると、企業の収益増大につながる可能性があります。Chrome Enterprise をぜひご活用ください。

詳細

リソース