ブラウザの管理

オンプレミスでもクラウドでも、Chrome ならシンプル、効率的、包括的にブラウザ ポリシーを管理できます。

さまざまなブラウザの統合管理

1 つのコンソールで 1 つのインターフェースを使用して、さまざまなプラットフォームや OS バージョンにブラウザ ポリシーを適用します。

  • すべてのオペレーティング システムに対し 1 つのツールを使用。Chrome OS とともに 1 つのウェブ インターフェースを使用して、Windows、Linux、Mac にブラウザ ポリシーを設定します。
  • 簡単なポリシー管理。数回クリックするだけで、ポリシーを設定して適用できます。
  • 簡単な登録手続き。Google アカウントをお持ちでない場合でも、Google アカウントを簡単に作成して、管理対象のブラウザを登録できます。
ダッシュボードにかざした虫メガネ

ブラウザの公開設定情報によりセキュリティとコンプライアンスを強化

公開設定情報とブラウザ一覧情報により、IT 部門はより優れた管理意思決定を行えるようになり、セキュリティとコンプライアンスを確保できます。

  • ブラウザの状況をより正確に把握。デバイスの詳細、ブラウザのバージョン、拡張機能などのブラウザ一覧情報を包括的かつ簡単に把握できます。
  • ガバナンスとコンプライアンスへの取り組みに対応。組織全体のブラウザ情報を表示することも、個々のブラウザ単位で詳細を確認することもできます。
Google 管理コンソールでのさまざまな役割を示した図

ブラウザ管理の委任

Google 管理コンソールでは、Windows 以外の管理者にブラウザ管理を委任する方法を選択できます。

  • すべての IT スキルセットに対応。簡単に使用できるクラウド インターフェースが用意されているので、Chrome ブラウザ クラウド管理を使用する管理者には、スクリプティングや GPO の知識は不要です。
  • 簡単なサインオン。SAML を介した、オプションの管理者用シングル サインオンを使用すると、IT 担当者は必要に応じて簡単にコンソールへのログインとログアウトを行えます。
  • 役割ベースのアクセス権。メインの管理者は、システム内でどのユーザーがどのような変更を加えることができるのかを制御できます。

クラウドでの管理を簡単に始める

既存のお客様

G Suite、Chrome Enterprise、Cloud Identity、Chrome ブラウザ エンタープライズ サポートをすでにご利用のお客様は、Google 管理コンソールのデバイス管理セクションからすぐに始めることができます。

使ってみる

クラウド管理は初めてですか?

こちらから、ブラウザ管理の開始やブラウザ管理のクラウドへの移行を簡単に行えます。

アカウントを作成

現在のブラウザまたはオンプレミスをそのまま使用する場合

この場合、エンタープライズ バンドルのグループ ポリシー テンプレートを使用して、Microsoft® Active Directory™ からブラウザのポリシーを設定できます。

プラットフォームにかかわらずブラウザを簡単に管理する方法がついに登場

リソース