Google Cloud Certified

G Suite Administrator

G Suite Administrator

G Suite Administrator は、G Suite ドメインの全面的な構成と管理を行います。これには、ユーザー、組織部門、グループ、サービスへのアクセスの管理も含まれます。また、G Suite ドメインとモバイル ポリシーのセキュリティ管理も行います。

Google Cloud Certified - G Suite Administrator 認定試験では、以下のことを行う能力が評価されます。

  • check ドメインのユーザーの作成、削除、管理
  • check G Suite サービスへの組織部門単位のアクセスと G Suite サービスの設定の構成と管理
  • check メールの配信、ルーティング、フィルタリングの構成と管理
  • check 端末管理によるモバイル端末と Chrome 搭載端末の管理
  • check レポートを使用した、G Suite のモニタリング、トラブルシューティング、最適化
  • check セキュリティとプライバシーの設定の構成と管理
  • check G Suite アカウントに接続されたドメインの構成と管理
  • check データ移行の管理

この試験のベータ版への登録は終了しましたが、正式な認定資格試験の受験が近日中に可能になる予定です。随時こちらで最新状況をご確認ください。

このベータ版の認定資格試験について

この役割に不可欠な業務スキルについて、各受験者の能力を客観的に判定します。この認定を受けるためには、Google Cloud Certified - G Suite Administrator 認定試験に合格する必要があります。この試験はどなたでも受験できます。これは実技試験で、英語で受験できます。G Suite Administrator 試験は、試験専用に作成された稼働中のドメインの管理コンソールで行います。受験者は管理コンソールを使用して一連の問題に回答します。

ベータ版の認定試験は、新しく開発された評価試験です。Google は、質問に関するパフォーマンス統計を収集し、それらの統計から最終版試験の認定基準を決定します。合格すると、Google Cloud Certified として認定されます。

  • ベータ版を受験する利点
  • ベータ版の詳細
    • 登録料: 60 米ドル(通常価格 100 米ドルから割引)
    • 言語: 英語
    • 受験可能な地域: 全地域、世界中で受験可能
    • システム要件: 正常に動作するウェブカメラとマイク、最新バージョンの Chrome
    • 注: ベータ版試験の採点は、ベータ試験期間の終了後に行われます。2018 年 3 月を予定しています。詳細については、よくある質問をご覧ください。

認定資格を取得するまでのステップ

試験ガイドを確認する

試験に出題される可能性があり、熟練したスキルがあることを証明するために知っておくべきトピックについて概要を確認します

学習する

自習形式のコースで学習し、機能の更新に関する動画ライブラリにアクセスして G Suite の新機能を確認します。

実務経験を生かす

提供されているリソースと実務経験を利用して、この試験の準備をします。

認定を受ける