Cloud CDN

世界中のユーザーにウェブ コンテンツや動画コンテンツをすばやく確実に配信可能。

Cloud CDN の無料トライアル
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。 ユーザーがどこにいても、最高のウェブ体験、動画体験を常に提供
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。 プライバシー、データ セキュリティを確保
  • action/check_circle_24px Sketch で作成。 Cloud Load Balancing ユーザー向けに、シングル クリックで起動

主な特長

エニーキャスト IP によるグローバル配信

Cloud CDN では、エッジ キャッシュがほぼすべての主要なエンドユーザーの ISP とグローバルにピアリングされていて、世界中のどこにいるユーザーにも接続性を提供できます。エニーキャスト アーキテクチャにより、お客様のサイトに単一のグローバル IP アドレスが割り当てられます。そのため、世界中で一貫したパフォーマンスを簡単な管理で実現できます。

ラストマイル パフォーマンス向けに最適化

Google Cloud の高性能なプライベート ネットワークの補完的プロダクトである Cloud CDN は、Google で開発された最新のプロトコル(HTTP/2 や QUIC など)に対応していて、モバイル ユーザーや新興市場のユーザーのサイト パフォーマンスを改善できます。

Google Cloud との統合

Cloud CDN は Cloud Monitoring および Cloud Logging と緊密に統合されています。詳細なレイテンシの指標をすぐに使用できるほか、より詳細な可視性を実現する、未加工の HTTP リクエストのログも利用できます。数回のクリックで Cloud StorageBigQuery にログをエクスポートして、さらに分析を進めることができます。

ドキュメント

Google Cloud の基礎
Cloud CDN の概要

Cloud CDN の仕組みの概要を学びます。

チュートリアル
Cloud CDN のスタートガイド

負荷分散構成で Cloud CDN を有効または無効にする方法を学びます。

ベスト プラクティス
コンテンツ配信のベスト プラクティス

Cloud CDN によるコンテンツ配信の最適化と高速化のベスト プラクティス。

ユースケース

ユースケース
HTTP(S) 負荷分散と連携させて Cloud CDN を使用する

Cloud CDN を HTTP(S) 負荷分散と連携させてユーザーにコンテンツを配信できます。HTTP(S) ロードバランサが、リクエストを受け取るフロントエンドの IP アドレスとポート、そしてリクエストに応答するバックエンドを提供します。負荷分散および GKE と連携させるように Cloud CDN を構成することもできます。

ユースケースの図

すべての特長

エニーキャスト IP によるグローバル配信 Cloud CDN では、エッジ キャッシュがほぼすべての主要なエンドユーザーの ISP とグローバルにピアリングされていて、世界中のどこにいるユーザーにも接続性を提供できます。 エニーキャスト アーキテクチャにより、お客様のサイトに単一のグローバル IP アドレスが割り当てられるため、世界中で一貫したパフォーマンスを簡単な管理で実現できます。
ハイブリッド アーキテクチャとマルチクラウド アーキテクチャのサポート Cloud CDN では、オンプレミスまたは別のクラウドでホストされているコンテンツを、Google の高パフォーマンスな分散型エッジ キャッシング インフラストラクチャを介して配信できます。
ラストマイル パフォーマンス向けに最適化 Google Cloud の高性能なプライベート ネットワークの補完的プロダクトである Cloud CDN は、Google で開発された最新のプロトコル(HTTP/2 や QUIC など)に対応していて、モバイル ユーザーや新興市場のユーザーのサイト パフォーマンスを改善できます。
Google Cloud との統合 Cloud CDN は Cloud Monitoring および Cloud Logging と緊密に統合されています。詳細なレイテンシの指標をすぐに使用できるほか、より詳細な可視性を実現する、未加工の HTTP リクエストのログも利用できます。数回のクリックで Cloud StorageBigQuery にログをエクスポートして、さらに分析を進めることができます。
組み込みの HTTPS(SSL) Google のマネージド証明書サービスを通じて TLS(SSL)証明書が無料で提供されるため、SSL 証明書の取得や更新の手間を軽減できます。また、追加料金なしで独自の証明書を使用することもできます。
署名付き Cookie と URL ユーザーごとにリクエストを承認する必要がある場合でも、グローバルに分散されたキャッシュからレスポンスを提供できます。

料金

Cloud CDN がお客様のコンテンツを配信すると、配信に利用した帯域幅と HTTP / HTTPS リクエストに対して請求が発生します。キャッシュ ヒットの場合、キャッシュからの下り(外向き)帯域幅に対して課金されます。キャッシュミスの場合、キャッシュ フィルに使用される帯域幅も課金対象となります。

また、お客様が開始したキャッシュ無効化についても課金されます。無効化対象の指定には単一のパスまたはパスの接頭辞を使用できます。