2021 年の Accelerate State of DevOps Report を公開しました。レポートをダウンロードして、優れたパフォーマーになる方法をご確認ください。

ジャンプ先

Cloud Build

サーバーレス CI / CD プラットフォームでビルド、テスト、デプロイします。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    Java、Go、Node.js など、すべてのプログラミング言語でソフトウェアを迅速にビルドします

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    15 種類のマシンタイプ から選択して、プールあたり数百の同時ビルドを実行できます 。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    VM、サーバーレス、Kubernetes、Firebase などの複数の環境でデプロイできます

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    クラウドでホストされたフルマネージドの CI/CD ワークフローにプライベート ネットワークからアクセスします。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    データ所在地を使用して、地理的なリージョンまたは特定のロケーション内にデータを保存します

利点

完全にサーバーレスなプラットフォーム

Cloud Build では、サーバーを事前プロビジョニングすることなく、スケールアップとスケールダウンが行われます。支払いは従量制です。プライベート プールを使用すると、個人のプライベート ネットワーク内で同じサーバーレスのメリットを活用できます。

柔軟性

カスタム ビルドステップと事前に作成済みのサードパーティ製アプリ用の拡張機能によって、ビルドプロセスの一部に既存のツールや自社製ツールを簡単に関連付けることができます。

セキュリティとコンプライアンス

CI/CD の一部として脆弱性をスキャンします。 脆弱性のあるイメージのデプロイを自動的にブロックします。安全な CI/CD 境界を設定し、VPC ピアリングおよびVPC SC に対応する組み込み IP でパブリック IP をブロックします。

主な機能

主な機能

非常に高速なビルド

Google のグローバル ネットワークで接続されたマシンを利用して、ビルド時間を大幅に短縮できます。ハイ CPU VM でのビルド実行や、ソースコード、イメージ、その他の依存関係のキャッシュにより、ビルド時間をさらに短縮できます。

デプロイを自動化

デプロイを自動化するため、ビルドステップの一部としてパイプラインを作成できます。デプロイ先として、Google Kubernetes EngineApp EngineCloud FunctionsFirebase との統合が組み込まれています。また、Cloud Build と Spinnaker の連携により、複雑なパイプラインを作成して実行することも可能です。

マルチクラウドのサポート

CI / CD パイプラインの一部として複数のクラウドにデプロイします。Cloud Build には言語とツールがすでにインストールされているビルダー イメージが付属しています。同様に、Cloud Build のコンテナ化されたタスクは、さまざまなクラウドへの完全な移植が可能です。

デプロイを数分で完了

pull リクエストから、ビルド、テスト、デプロイまでが簡単になります。トリガーを設定することで、GitHub、Cloud Source Repositories、Bitbucket のリポジトリへの変更を push すると、自動的にソースコードのビルド、テスト、デプロイが行われるようになります。

強固なプライバシー保護対策

Goocle Cloud のセキュリティで保護されたインフラストラクチャでビルドを実行することで、GitHub Enterprise などのプライベート ネットワークでホストされているプライベート ソースコード リポジトリから、フルマネージドの CI/CD ワークフローを トリガーします。

すべての機能を表示

最新情報

Google Cloud のニュースレターにご登録いただくと、サービスの最新情報、イベント情報、スペシャル オファーなどを受け取ることができます。

ドキュメント

ドキュメント

Google Cloud の基礎
Cloud Build のコンセプト

ビルド構成、さまざまなクラウド ビルダーのタイプ、CMEK コンプライアンスなど、Cloud Build について学習します。

チュートリアル
Cloud Build を使用したイメージのビルドと push

Cloud Build を有効にする方法、ソースファイルをビルドに準備する方法、Artifact Registry  に Docker リポジトリを作成する方法、イメージをビルドする方法、ビルド結果の表示方法を学習します。

チュートリアル
サーバーレス モバイル デリバリー パイプライン

Google Cloud にサーバーレス モバイル デリバリー パイプラインを作成する方法について学習します。

ベスト プラクティス
ビルドの高速化

このページでは、Cloud Build のビルドを高速化する際のベスト プラクティスについて説明します。

チュートリアル
Cloud Build でのカスタム ビルドステップ

Cloud Build でコミュニティ提供のビルダーとカスタム ビルダーを使用する方法を学習します。

チュートリアル
Google Cloud を使用したアプリケーションの開発

Google Cloud エコシステムからのコンポーネントをシームレスに統合するアプリケーションを設計、開発、デプロイする方法について学習します。

チュートリアル
Cloud Build と GKE を使用した Binary Authorization の実装

Google Kubernetes Engine(GKE)の Binary Authorization を設定、構成、使用する方法について説明します。

チュートリアル
Terraform、Cloud Build、GitOps を使用した Infrastructure as Code

一般的な GitOps 手法を使用して、Terraform と Cloud Build により、インフラストラクチャをコードとして管理する方法について学びます。

チュートリアル
Cloud Build を使用した Git からの継続的デプロイ

Cloud Build で Cloud Build トリガーを使用して、ビルドと Cloud Run へのデプロイを自動化する方法を学習します。

すべての機能

すべての機能

ネイティブ Docker サポート 既存の Docker ファイルをインポートするだけで、すぐに使えます。Docker Hub や Container Registry などの Docker イメージ保存リポジトリにイメージを push します。Google Kubernetes EngineCloud Run へのデプロイを自動化して継続的デリバリーを実現できます。
十分な無料枠 1 日あたり 120 分までのビルド、同時ビルド数最大 10 件という無料枠を利用することで、自社のビルドサーバーの管理を不要にしましょう。ビルドがキューに入っている時間はビルドの無料枠にカウントされません
詳細な分析情報 ビルドのエラーや警告に加えてビルド結果に関する詳細な分析情報も得られるので、デバッグが容易になります。タグやクエリを使ってビルド結果を絞り込み、実行に時間がかかるビルドやテストについて確認できます。
脆弱性の特定 コンテナ イメージのパッケージに存在する脆弱性を特定できます。Ubuntu、Debian、Alpine のパッケージを対象とする脆弱性スキャンが自動的に実行されます。
ローカルまたはクラウドでのビルド ビルドをクラウドに送信する前に、ローカルでビルドを実行できます。ローカルマシンでのビルドとデバッグには、オープンソースのローカル ビルダーが利用可能です。
プライベート プール VPC ピアリングと VPC-SC を使用して、CI / CD ワークロードに安全なプライベート ネットワークを設定します。規制義務を遵守するために、世界各地のリージョンから選択できます。パブリック IP を制限するか、静的 IP アドレスを予約することもできます。非公開ソース リポジトリとの優れた統合機能を、すぐに利用できます。プールごとに同時に多数のビルドを実行して、ビルドとテストを高速化します。

料金

料金

料金は、1 日あたりの無料枠を超えた使用分についてのみ発生します。詳細については料金ガイドをご覧ください。

機能 料金(米ドル)
ビルド処理時間: 1 日 120 分まで 無料
以降 1 分ごと $0.003/分

米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Google Cloud SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。