コンテンツに移動
Public Sector

ワシントン D.C. で開催される Google Government Summit へのご招待

2022年9月21日
https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/Public_Sector.max-2600x2600.jpg
Google Cloud Japan Team

※この投稿は米国時間 2022 年 9 月 15 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

2022 年 11 月 15 日(火)に開催される Google Government Summit への登録の受付が開始されました。政府コミュニティの皆様を会場にお迎えし、政府のミッションを加速させるためのネットワーク作り、ベスト プラクティス、同業者からの学びなど、充実した 1 日を過ごしていただけることを楽しみにしています。今すぐ登録して終日プログラムに参加しましょう。会場でのご参加が難しい場合は、こちらから登録すると、ライブ配信やオンデマンドで、ご都合のよい時間に最初の基調講演をご覧いただけます。

Government Summit には、Google Public Sector チームが招待した、全米の連邦政府、州政府、地方政府のリーダーや、世界中の選りすぐりの代表者が集まります。政府機関のリーダー、著名人、Google 社員がベスト プラクティスや業界の分析情報を共有し、政府機関がミッション達成に向けてイノベーションを加速させるためのサポートをします。  

ライブ配信される基調講演では、政府機関の注目事例に焦点を当て、Google Public Sector の最新ニュースをお届けします。そのほか、Google Public Sector 担当バイス プレジデント Lynn Martin、Google Cloud CEO の Thomas Kurian、Google Cloud CISO オフィス ディレクターの MK Palmore、Google Cloud グローバル リスクおよびコンプライアンス担当シニア ディレクター Jeanette Manfra など、多くの Google 社員が登壇します。

ワシントン D.C. の会場に来られる方は、基調講演の後、20 以上のブレイクアウト セッション、十分な時間を設けたネットワーク作りや企画体験、夜のイベントなど、丸一日のプログラムに参加できます。参加者は、サイバーセキュリティ、人工知能(AI)、機械学習(ML)などの重要分野におけるイノベーションを加速して公共サービスを向上させるための実践的なヒントや推奨戦略、また、分散した労働力を巻き込んで保持するうえでインクルージョンと帰属意識を促すコラボレーション ツールなどを手に入れることができます。

2022 年 Google Government Summit に今すぐご登録ください。なお、対面式のイベントへの参加人数には限りがありますので、ワシントン D.C. での終日の会議への参加については別途ご連絡いたします。会場に来られない方はこちらから登録して、オンラインでご参加ください。参加費は無料です。このブログでは、政府関係者の講演発表やその他のコアプログラムの最新情報を、開催が近づきましたらお伝えしていきますので、どうぞお楽しみになさってください。


- Google Cloud グローバル公共部門マーケティング担当ディレクター Tricia Davis-Muffett
投稿先