パートナー

Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud を正式リリース

fCYbizUwdwJ8VEk8h2oJpOVQa6aittwEu4NFzYR3bLVmQtpdl1KeBZH3WoDCGY5bUrg8iWWbfjCcvvFRqDYrLbhqgYJpXe3Nc5-LYO24hqaiPevpHeODLVg4BOKlf4NJw1V1Xsnit05g.PNG

※この投稿は米国時間 2018 年 9 月 7 日に Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

クラウドへの準備が整っているか、オンプレミス インフラストラクチャをモダナイズしているかにかかわらず、独自の条件でクラウドに移行できる優れた方法があれば、企業はその恩恵を受けることができます。こうしたニーズに応えるべく、Google Cloud は 昨年 10 月、オンプレミスとクラウド環境を橋渡しする新しいオープンなハイブリッド クラウド プラットフォームの提供に向けて、Cisco とパートナーシップを結んだことを発表しました。そしてこのほど、このパートナーシップのもとで Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud を正式にリリースし、お客様に選択してもらえるハイブリッドソリューションを増やしました。

私たち Google にとって、Cisco はこの分野の理想的なパートナーです。長年にわたって企業向けビジネスを展開し、ネットワーキングやセキュリティ、アナリティクス、ハイパーコンバージド インフラストラクチャに関する専門的なノウハウを有しているからです。Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud は、オンプレミスとクラウドでアプリケーションをシームレスに実行する新たな方法を提供し、スピードとスケールを、お客様が最も必要とする場所で実現します。このプラットフォームでは、パブリック クラウドに完全にシフトする必要はなく、クラウドで実行されるアプリケーションは既存 IT システムなどオンプレミス機能を利用でき、オンプレミスで実行されるアプリケーションは新しいクラウド機能を利用できます。

この完全統合型のソリューションにより、開発者はエンタープライズ グレードの機能(マネージド Kubernetes、GCP Service Catalog、Cisco のネットワーキングとセキュリティ、Istio の認証とサービス メッシュ モニタリングなど)を Google Cloud から利用できます。また、Cisco の Technical Assistance Center(TAC)がサポートを一括してお客様に提供します。TAC はハイブリッド クラウド環境全体にわたって Cisco のネットワークおよびセキュリティ ポリシーと構成を拡張し、アプリケーションの動作をモニタリングします。

加えて、以下についても可能になります。

  • オンプレミス アプリケーションのモダナイゼーションのスピードアップ : これは、Google Kubernetes Engine といったクラウド ネイティブ技術との一貫性を持つ Kubernetes ベースのコンテナ戦略を利用して実現できます。Cisco は、クラウドにおける Kubernetes やコンテナの利用に対応したすぐに使えるソリューションに加え、セキュリティ ポリシーや利用ポリシーを強制する管理ツールを提供します。

  • 容易なサービス管理 : コンテナとマイクロサービスに最適化されたオープンソース技術である Istio は、サービス間レベルでの mTLS アクセス制御により、マイクロサービスの接続や保護、管理、モニタリングを実現する一貫した方法を複数のクラウドにわたって開発者に提供します。開発者は簡単に新しいポータブル サービスを実装し、中央から構成、管理できます。

  • オンプレミス ワークロードを迅速かつ安全にクラウドに接続 : Apigee の API 管理により、オンプレミスで実行されているレガシー ワークロードを、API を介してクラウドに接続できます。Apigee を使用すれば、オンプレミスのレガシー サービスを安全な API として開発者に公開できます。開発者はそれらのサービスをモダン アプリケーションに簡単に取り入れることが可能です。

  • 統合されたセキュリティとサポートを利用 : お客様は Cisco の既存のセキュリティ ポリシーとモニタリングをクラウドに拡張でき、Cisco と Google Cloud による共同技術サポートが保証されています。

インテグレーションや通信、クラウド サービスを手がける Telindus は、私たちの早期アクセスプログラムに参加し、セキュリティが重要となる環境に対して、Cisco Hybrid Cloud Platform を使用してコンテナ ベースのソリューションをデプロイしています。Cisco Hybrid Cloud Platform のおかげで、Telindus はパブリック クラウドとプライベート クラウド全体にわたって、統合されたデプロイとコンテナ ワークロード管理を真にハイブリッドな方法で行っています。これは、厳しい規制下にある、セキュリティに敏感な業種にとって重要な要件です。

Telindus のチーフ アーキテクトを務める Thomas Scherer 博士は、「Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud は、クラウド ネイティブなオンプレミス エクスペリエンスを実現するすぐに使える ソリューションを提供し、パブリック クラウドに簡単にスケーリングして Google Kubernetes Engine や BigQuery といったサービスの利用を可能にします」と述べています。Telindus によるデプロイの詳細は Cisco のブログでご覧になれます。

私たちは、Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud により、多くの企業がオンプレミス投資を最大限に活用し、ロックインを回避しながら自社のペースでクラウドに移行できることを願っています。また、Cisco との協力のもとで、Cisco & Google Cloud Challenge というコンテストも実施しています。これは、オンプレミスおよびクラウド アプリケーションの連携方法を見直す取り組みを募り、優れた取り組みを行っている組織にクレジットや特典を提供するものです。

Cisco Hybrid Cloud Platform for Google Cloud の詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。

- By Eyal Manor, VP Engineering, Google Cloud