コンテンツに移動
Inside Google Cloud

NASA から Google Cloud へ転職した Ivan Ramirez が大手ゲーム会社の革新をサポート

2022年8月12日
https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/Ivan_Ramirez_hero.max-2600x2600.jpg
Google Cloud Japan Team

※この投稿は米国時間 2022 年 8 月 2 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/Ivan_Ramirez_1.1453099722131845.max-2200x2200.jpg

編集者注: Google Cloud の中でも非常に活発でありながらあまり知られていない事業に携わる Ivan Ramirez は、ゲーム チーム リーダーとして複数の世界最大級のオンライン ゲーム会社をサポートしています。Ramirez は、将来性が極めて高い一方で、非常に多くの困難と大規模なチーム作業を伴う状況下にて、少ないリソースで最大成果を生むための管理をしています。そしてこれはゲーム業界において非常に重要です。

ゲーム業界の人々の多くは人生を通じて根っからのゲーマーというイメージがありますが、当たっていますか?

私の場合は違いますが、ゲームとの出会いは世界最高のビデオゲームでした。私はジョージア工科大学で航空宇宙工学の学位を取得した後、NASA に入りました。国際宇宙ステーションで電気制御システムと熱制御システムに取り組み、爆発や医療上の緊急事態のシミュレーションを一度に 12 時間かけて行ったりしました。


ゲーム業界に足を踏み入れることになったときはどうでしたか?

2016 年に Google に入社するまで多くの仕事に関わってきました。今はゲーム チーム リーダーとして、テクノロジーのさまざまな側面でお客様と仕事をさせていただいています。エンジニアと一緒に実務をしたり、企業の経営幹部に業界のビジョンについてプレゼンテーションをしたり、多岐にわたる業務に従事しています。

この業界のすばらしいところは、あらゆるレベルにおいて、ゲームはテクノロジーの最先端を追求しているという点です。彼らは常に、最高のグラフィックス チップ、一度にオンラインになれる最大数のプレーヤー、そして最速のネットワークが提供できるよう挑戦しています。ゲームのプレイ中のリアルタイム広告表示や不正行為の検出など、非常に多くの分析も行います。たとえば、Niantic の Pokemon GO Fest では、今年はプレーヤーが数十億以上のポケモンを捕まえ、7.5 億か所以上のポケストップを回転、合計探索距離が 1 億キロ以上になりました。ほかにも、同程度の大規模ゲームを開発しているお客様は数社あります。


これは Google Cloud にどのような影響がありますか?

さらなる高速化と通信量拡大を求められることにより、われわれの未来の創造に役立っていると思います。  

また、ゲーム会社は自由なイノベーションに重きを置いていると同時に、顧客に対して真の情熱を持っています。これは Google の企業文化と共通するところであり、スケーリングやデータ分析などにおけるリーダーシップも似ています。


今までにさまざまな仕事に就かれたということですが、Google にはすでに 6 年いらっしゃいますね。これはなぜですか?

私はペルーのリマで育ちましたが、10 歳のとき、父にマイアミでの仕事のオファーがありました。父にとってこれは難しい転機でしたが、見逃すことのできないチャンスでした。その後、家族は一緒にいるものというペルーの伝統を押し切って、私は航空宇宙に強いジョージア工科大学に通うことを望みました。高みを目指すには、自分にとっての安全地帯から飛び出さなくてはならないということを、早くに学んだと思います。

Google での時間はとても貴重で、私に常に成長する機会を与えてくれます。6 年を経ても、Google での仕事は常に興味深いです。Google にいると新しい挑戦に前向きになります。


ゲーム業界での仕事から、個人的にも影響を受けていると思いますか?

仕事と人に対する考え方に影響していると思います。私が一番誇りに思う瞬間は、人をサポートしたり、人々の間につながりを作ったりするときです。学んだことを他の人達にも伝える努力をしています。学んだことの一つに、自分自身を大切にするということがあります。誰でも、すべてに「イエス」と言ってしまいたかったり、何かもっとできるのではないか、もっと改善できるプロジェクトがあるのではないかと思ったりします。自分の中でどこかで線を引いて、自分と自分の家族を大切にする方法を見つけなくてはなりません。そうでないと長くは続きませんし、良きパートナー、良きチームメートであることもできなくなりますから。

- Google Cloud コンテンツおよび編集担当編集長

投稿先