コンテンツに移動
コスト管理

新しい Google Cloud Spot VM が割引料金からさらに最大 11% オフ

2022年10月13日
Google Cloud Japan Team

※この投稿は米国時間 2022 年 10 月 6 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

以前はプリエンプティブル VM として知られていた Spot VM は、予備のコンピューティング容量で大幅な割引料金で提供されています。昨年、Spot VM をリリースした際、24 時間の制限を撤廃したことにより、Spot VM を無期限に実行できるようになりました。また、Google は最大で月に 1 回の頻度で Spot VM の料金を更新することで、予測しやすくシンプルで競争力のある料金を提供し続けています。

お客様の費用削減を実現する一例として、本日、37 のリソースプール(リソースプールとは、任意のリージョン内の特定の VM リソースを指します)における標準 VM、カスタム VM、メモリの料金引き下げをお知らせします。

料金は、VM インスタンスの料金ページや Cloud Billing Catalog API に記載されていますが、変更の概要は以下の表でもご確認いただけます。ご覧のように、オンデマンドの追加割引を提供しています。特定のリージョンの T2D では、11% の割引が適用されます。T2D の VM は、他の主要なクラウドと比較して、40% 以上高いコスト パフォーマンスを提供しているため、低費用で多くのことが実行できます。Spot VM の料金に関するお知らせにご登録のうえ、関連する最新情報をご確認ください。

以下の料金は、カスタム VM、高 CPU、高メモリのバリエーションを含む、すべての VM タイプに適用されます。Spot VM は、オンデマンド VM と同等のパフォーマンスを発揮しますが、容量が保証されていないため、VM またはリージョンを柔軟に選択することをおすすめします。その他のヒントやリソースについては、以下をご覧ください。

https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/Spot_VM_1.max-600x600.jpg

注: Spot VM の割引は、ローカル SSD と GPU に適用されますが、本日はそちらの料金更新は行いません。

世界各地のお客様が Spot VM を使用することで、迅速な変革やイノベーションを実現しています。 

「Media.net は動的なリソースの要件を抱えるグローバル企業です。私たちは、急増するワークロードに対応するためにさまざまな選択肢を検討した結果、Spot VM を選択しました。なぜなら、大幅な割引とシンプルで予測可能な料金が提供されているからです。」- Media.net、エンジニアリング担当シニア バイス プレジデント Amit Bhawani 氏
https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/media_EMT3j5p.max-400x400.jpg

「企業は LiveRamp を利用し、ペタバイト単位のファイルとストリーミング データを安全かつ確実に、想定どおりに処理することで、価値の高いビジネス成果を生み出しています。当社は、数千のノードと数万のコアからなる数十の Dataproc クラスタを常時実行しています。Google Cloud Spot を幅広く使用することで、費用を削減し、お客様の需要の変動と急増に対応できています。」- LiveRamp、ビッグデータ インフラストラクチャ責任者 Mithun Bondugula 氏

https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/liveramp.max-400x400.jpg

ここでは、Spot VM を選択する際に考慮すべきいくつかのベストプラクティスをご紹介します。


  1. 現在プリエンプティブル VM を使用している場合、API 呼び出しをプロビジョニング モデル = SPOT にアップデートして Spot に移行し、VM が 24 時間以上実行できるようにします(ドキュメント)。

  2. 最も料金が低い SKU、具体的には本日値下げした SKU を活用します。

  3. 中断を最小限にするために、少なくとも 2 つのリソースプールを選択し、「zone = ‘ANY”」でリージョン MIG を使用します(ドキュメント)。

  4. この分布タイプを選択したグループでは、リクエストされた数の VM を現在のリソース制約内で用意し、未使用のゾーン予約を最大限利用できるように、VM インスタンスの作成時にゾーンを選択します。

  5. 単一のリクエストで複数の Spot VM を作成できる BulkCreate API を使用します。入手可能性を最大化するために、「target_shape = ANY」を設定し、VM リクエストをゾーン全体に分散することをおすすめします。

  6. Batch を使用して Spot VM をデプロイします。Batch は無料のネイティブ Google Cloud サービスで、VM インスタンスをプロビジョニングしながらワークロードのスケジューリングと実行を処理し、自動的に「任意」分配形態を使用して中断を低減します。

その他のリソースやベストプラクティスについては、以下の最新のブログ投稿をご覧ください。


- プロダクト マネージャー Jess Killips
投稿先