Google Maps Platform

Google Maps Android API の機能拡張 - ポリラインとポリゴンのスタイル設定とカスタムデータの管理

この記事は Joel Kalmanowicz、Google Maps API プロダクト マネージャーによる Google Geo Developers Blog の記事 "Styling and custom data for polylines and polygons in the Google Maps Android API" を元に翻訳・加筆したものです。詳しくは元記事をご覧ください。

Google Maps API には、ポリゴン、ポリライン、地面オーバーレイといった地図をカスタマイズするための便利なツールが提供されています。今回、Google Maps Android API に新しいカスタム スタイル設定とデータ オブジェクトを関連付ける機能を追加しました。

図形のスタイル設定: ポリゴンとポリライン

昨年、自社ブランドやアプリなどに合わせて地図のスタイルをカスタマイズできるように、モバイル プラットフォーム向けにカスタム地図スタイルを追加しました。この機能拡張によって、次図のスクリーンショットに示すように、地図全体をスタイリッシュなシルバーにしたり、あるいは鮮やかなピンク色にすることができます。これによって地図をもっと気軽に見てもらえるようになるでしょう。今回、Android 端末でのスタイル設定のオプションがポリゴンとポリラインも対象となり、新しい枠線パターン、キャップ、ジョイントの変更などが可能となりました。

Polygons.png
独自の図形とスタイルが Android で利用可能に

今回の機能追加によって、さまざまな方法で図形をカスタマイズすることができます。ポリラインやポリゴンの枠線パターンは、実線、破線、点線、ギャップ(線の切れ目)などの種類に変更できます。また、ジョイントも固定の角張ったものでなく、ベベルや丸みのあるジョイントを使えます。さらに、ポリラインの両端のキャップは、四角形、円形、カスタマイズしたビットマップ図形に変更することも可能となり、より魅力的な矢印を描くこともできます。

polylines
ポリラインのスタイル設定が Android で利用可能に

今回の新しいスタイルの設定やカスタマイズの方法については、ポリラインおよびポリゴン チュートリアルで解説しています。罫線パターンなどのドキュメントも参考になるでしょう。なお、これらの新しいスタイル設定機能は、完全な Google Maps Android API のみで利用可能です。ライトモードでは利用できません。

ポリゴン、ポリライン、地面オーバーレイへのカスタムデータの保存

これまで、データ オブジェクトはマーカーにのみ保存できましたが、この保存機能がポリゴン、ポリライン、円、地面オーバーレイにも拡張されました。すなわち、ジオメトリ オブジェクトを拡張して、任意の種類のデータやプロパティを持たせることができるようになります。これにより、マップの外観へのデータの関連付け行うために、面倒なプログラムを書く必要がなくなります。たとえば、家の間取り図を示すいくつかの地面オーバーレイがある場合、それぞれのオブジェクトにデータベースへの参照情報を格納することができます。データベースには自由に情報を格納できるので、不動産物件の一覧を格納して、物件に対応する URL をクリックして開くこともできます。

詳細については、リリースノートをご覧ください。

Google Maps Android API を利用していただき、誠にありがとうございます! フィードバックや問題点は、Issue Tracker で共有をお願いします。