コンテンツに移動
セキュリティ & アイデンティティ

Google が 2023 Gartner Peer Insights™ Voice of the Customer のセキュリティ情報イベント管理分野で Strong Performer に選出

2023年4月12日
https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/Security_2022.max-2500x2500.jpg
Google Cloud Japan Team

※この投稿は米国時間 2023 年 4 月 7 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

Google のムーンショット ファクトリー(別名 "X")が、サイバーセキュリティ問題に立ち向かうべく新たなプロジェクトに着手したのは、2016 年のことです。「セキュリティを脅かす兆候を早い段階で捉え、より容易で費用対効果の高い方法で迅速に分析できるようにすれば、セキュリティ対策のスピードおよび効果を改善できるはずだ」という信念のもと、クラウドネイティブの最新型セキュリティ分析プラットフォーム Chronicle を立ち上げました(現在では Google Cloud に包含されています)。新しいプロジェクトを立ち上げるときはいつもそうであるように、Google は、この Chronicle がお客様の生活に実際的な価値、それも、セキュリティ業界関係者が同業者に推奨したくなるほどの価値を提供できたらと考えていました。その日がついに、やってきました。

このたび、2023 Gartner® Peer Insights™ Voice of the Customer レポートのセキュリティ情報イベント管理(SIEM)分野で、Google が「Strong Performer」に選出されるという栄誉に預かりました。このレポートは、特定分野の製品についてユーザー評価を検証したうえでまとめられたもので、全体的なエクスペリエンス、機能、サービス、サポートの各項目について調査した総合結果を IT 意思決定者向けに提供しています。Google はこのレポートを、市場のベンダー製品に対するユーザーの満足度を的確に表す指標として信頼しています。このレポートで、Chronicle SIEM に対するユーザーの総合評価は 5 点満点中 4.8 で、89% が同製品を推奨すると回答しました(2023 年 1 月時点、検証済みレビュー数 28)。

ユーザーのコメントの一部を紹介します。

  • 「Chronicle は、セキュリティ プロフェッショナルのために革新され続け、セキュリティ業務を楽にしてくれる数少ないセキュリティ プラットフォームの一つです。この製品は過去 3 年間で大きく進化しました。また、ユーザーの要望や意見を常に求めながら、あらゆるレベルのワークフロー(ティア 1 / 2 の SOC アナリスト、IR、内部脅威、脅威ハンティングなど)を単純化するよう引き続き取り組んでくれています。」- プリンシパル エンジニア(300 億ドル超規模の銀行)

  • 「レガシーの SIEM ソリューションを Chronicle に置き換えた結果、セキュリティ運用が刷新されました。Chronicle はアナリストの視点に基づいて構築されているため、SOC の生産性が劇的に向上しました。プラットフォームにさまざまなコンテキストが盛り込まれており、アナリストにとって使いやすいだけでなく、SIEM、UEBA、内部脅威モデルなど、あらゆるケースにこの製品 1 つで対応することができます。」- セキュリティ担当ディレクター(5 億ドル超規模の企業)

  • 「Chronicle は単なる SIEM ではありません。データ セキュリティ レイヤとして、あらゆるサイバーセキュリティ アナリストの調査要件に対応してくれます。また、サイバーセキュリティのデータモデルとして考え抜かれた構造となっています。導入初日からスケーラビリティを実感でき、心配は無用です。」- サイバーセキュリティ コンピテンス センター責任者(5 千万ドル規模の IT サービス企業)

Google の熱意やイノベーションを駆り立ててくれたのはお客様であったことを思うと、このような称賛の声は特に感慨深いものがあります。貴重なお時間を割いて、率直なご意見をくださったすべてのお客様にあらためて感謝を申し上げます。最近の Mandiant 社の買収もあり、今後、いっそう進化した Chronicle をお届けできるようになる予定ですのでどうぞご期待ください。両社の力を合わせ、Chronicle Security Operations スイートのインシデントおよび漏洩管理機能ならびに脅威インテリジェンスのいっそうの向上に努め、脅威の検出、調査、対応作業のスピードアップ、スケーリング、精度改善に貢献できるよう取り組んでいく所存です。

Chronicle の活用事例について詳しくは、VertivTelepassRAD Cyber Security の各社のケースをご覧ください。

なお、お客様の状況に応じた個別デモも承っております。Chronicle Security Operations を使って脅威の検出、調査、対応をレベルアップさせる方法について詳しい説明をご希望の場合は、こちらからご依頼ください。


Gartner, Voice of the Customer for Security Information and Event Management, Peer Contributors(2023 年 3 月 31 日)

Gartner および Peer Insights™ は、Gartner, Inc. および / またはその関係会社の商標です。権利はすべて同組織が有しており、Gartner Peer Insights の内容は、個々のエンドユーザーの意見に基づいており、事実の表明として解釈すべきものではなく、Gartner またはその関係会社の見解を表明するものでもありません。Gartner は、このレポートで取り上げた特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また、Gartner は、レポートの内容の正確性や完全性、商品性、特定目的への適合性について、明示または黙示を問わず、いかなる保証も行いません。


- セキュリティ オペレーション担当プロダクト マーケティング マネージャー Ahnna Schini
投稿先