Google Cloud Platform

Cloud Datastore : フルマネージドのエクスポートとインポート機能を正式リリース

データベースに情報を保存すると、簡単かつ信頼性の高い方法でデータを出し入れできることの重要性がよくわかります。たとえば、バックアップやアーカイブのためにコピーを作成するときも、あるいはユーザーが誤って削除したデータを復元するときも、そのありがたみを実感します。

そこで私たちは先ごろ、スケーラビリティの高いマネージド NoSQL データベースである Google Cloud Datastore において、マネージド エクスポートおよびインポート機能の正式提供(GA)を開始しました。

昨年 9 月にベータ リリースされたこの機能は、従来の Cloud Datastore Admin バックアップ モジュールに取って代わり、フルマネージドのデータベース エクスペリエンスを提供します。この機能には次のようなメリットがあります。

  • Google Cloud Platform(GCP)によって完全に管理され、シンプルなサービスとしてエクスポーズされている
  • シャーディングの改良によってエクスポート速度が向上
  • Cloud Datastore v1 API と同じ形式の新しい API
  • Cloud IAM と統合されている
  • 料金は、Cloud Datastore のエンティティ読み込み数と書き込み数のみに基づいて課金される(App Engine のインスタンス時間は課金対象ではなくなった)

コンシューマー インサイトの獲得とコラボレーションのプラットフォームである Batterii では、Cloud Datastore を 7 年間使っています。これまではバックアップに 8 ~ 10 時間かかっていましたが、マネージド エクスポートとインポートにより、1 時間でバックアップが完了するようになりました。Greg Fairbanks 氏、Batterii のシニア ソフトウェア エンジニア

昨年 9 月のベータ リリース以来、マネージド エクスポートとインポート機能は利用が拡大し、早期試用ユーザーは 1 週間あたり 1 万回以上、エクスポートやインポートを行うようになっています。

なお、今回の正式リリースに伴い、Cloud Datastore Admin バックアップについては、12 か月をかけて段階的に廃止します。2019 年 2 月 28 日以降は Google Cloud Console から利用できなくなります。

マネージド エクスポートおよびインポート機能についてもっと知り、使い始めたい方は、エンティティのエクスポートとインポート、およびエクスポートのスケジューリングに関するドキュメントをご覧ください。

* この投稿は米国時間 2 月 28 日、Product Manager の Dan McGrath によって投稿されたもの(投稿はこちら)の抄訳です。

- By Dan McGrath, Product Manager