G Suite

組織のインサイトを深め、アクションにつなげる G Suite の新機能

世界中の企業が働き方を変革する方法を探り、コラボレーションを促進するためにデジタル改革を進めています。同時に、より豊富なアイデアを交換し、組織内の仕切りを取り払い、さらなる成長を模索しています。患者のケアの効率化を目指すヘルスケア企業であっても(例えば SCL Health)、あるいはリアルタイムでコラボレーションを希望するメディア企業であっても(例えば Nielsen)、全ての組織は特別で、それぞれが必要としているものも異なります。

そのため企業は、より正確に可視化できる G Suite のようなクラウドネイティブ アプリに注目しています。それによりデータを安全に保つというポリシーをより徹底することができます。

本日、Google では、管理者が自らの組織についてより包括的なインサイトを得られるよう、2 つの新しい機能を発表します。これにより、従業員はより組織に貢献する仕事に集中できるようになります。

ワークインサイトで組織内のコラボレーションを把握

ワークインサイトは、G Suite 上で機能し、デジタル改革が企業にどのような影響を与えるか、企業の中で測定し理解できるよう特別に開発されたツールです。ワークインサイト (ベータ版はこちらをご覧ください)  があれば、管理者は組織内の G Suite デプロイメントに関するインサイトをチームレベル (総員 10  人以上) で迅速に把握できます。また G Suite アプリの使用パターンを分析することも可能です。
ワークインサイトの使用率グラフを見れば、管理者はデプロイメントのトレンドを時系列で分析しトラッキングすることができます。どのアプリが広範に使用されているか、そのアプリを使用しているのはどのチームか、さらにどのチームがどのアプリの追加トレーニングを必要としているか、すべてを可視化することができます。これは従来のツールから G Suite に移行中のユーザーにとって特に便利な機能です。

ADOPTION

ワークインサイトがあれば、組織内のチーム同士のコラボレーションに関して、インサイトを得ることもできます。例えば、ワークインサイトを使用して管理者は、営業チーム内でマーケティングチームとコラボレーションをしているメンバーの割合を即座に表示し、2 つのチームが、会議やドキュメントの共同作成などで、どのようにコラボレーションをしているか、パターンを割り出すことが可能になります。経営リーダーはこのインサイトを利用し、コラボレーションを強化するチャンスを特定したり、組織内の仕切りを取り払うこともできるようになります。

a233J6kWW-BAglrxZ3nCzs6bDwZDsmiX7WUOloFYHjCWIAXEdTsZNO7BlD2E7P-t2zK7CWalMptPF-AWpxcFNmVq1xS5-URObbNuZF9YFvPVd8DrftfksctsFQ0rRxnyfXzfcYochnng.GIF

調査ツールで潜在的なセキュリティリスクを把握し軽減

組織内で何が起こっているかを把握することは、安全にビジネスを進める上で重要です。また企業はセキュリティ管理をよりシンプルにする方法を求めています。これらの声を受けて、今年初めに私たちは、G Suite 用のセキュリティ センターを発表しました。このセキュリティ センターは、セキュリティ分析、実行可能なインサイト、及び Google からのベストプラクティスの提案を一つにまとめたものです。

本日、セキュリティ センターの予防と検出機能に統合される修復機能を追加する、調査ツールの一般提供を開始します。今回の追加機能により管理者は、デバイス上で疑いのあるアクティビティを特定し、Google ドライブが社外と繋がっているかを確認し、悪意のあるメールを削除したり受信を拒否することができます。

Blog-investigation-tool-1920x1080.gif

調査ツールは使いやすいユーザーインターフェースを備えているため、時間をかけて複雑なスクリプトを駆使してログ分析することなく、簡単に脅威に対して措置を講ずることができます。強力な修正管理機能により、管理者は数回のクリックで、ドメイン全体でインシデント対応をスケーリングすることが可能になります。なお調査ツールは G Suite Enterprise ユーザーに対して、本日提供を開始しました。詳しくはこちらをご覧ください

上記 G Suite からのインサイトに沿って、チームワークの幅を広げましょう。より詳しい情報に関しては、G Suite ウェブサイトをご覧ください。