G Suite

G Suite による会議室

1 The meeting room.png

G Suite は、優れたアイデアを活かすツールの構築に注力しています。Google は、チームでアイデアを共有し、具現化させるためには会議は重要であるという考えから、 ハングアウトの進化系としてオフィス向けに ハングアウト Meet を提供してきました。Google カレンダーや Google ドライブを併用することで、どこにいてもチームメンバー全員が参加し、コミュニケーションできる状況を実現します。

ただし、こうしたビデオ会議の恩恵も、あらゆる組織が手軽に導入できなければ意味がありません。本日発表する「ハングアウト Meet ハードウェア」は、企業規模に関わらず、高品質のビデオ会議が活用でき、それを効率化させるソフトウェアアップデートも提供します。

ハングアウト Meet ハードウェアの紹介

ハングアウト Meet ハードウェアは、あらゆる形状・広さの空間で高品質のビデオ会議を可能にするコストパフォーマンスの高いキットです。キットには、タッチスクリーンコントローラー、スピーカーマイク、4K センサー搭載 Ultra HDカメラ、ASUS Chromebox の 4 つのコンポーネントが含まれます。

コントローラーには、直感的な操作が可能な最新のタッチスクリーン インターフェースが用いられ、Google カレンダーの予定を素早く確認し、会議に参加することができます。他にもピン・ミュート・PTZ (パン、チルト、ズーム)、電話による参加者の追加、ノート PC から HDMI 経由のスライド表示、Google ドライブへの会議記録の保存 *1 もサポートしています。

また、スピーカーマイクはエコーや雑音を除去し、鮮明でクリアな音声を再生します。1 本の配線で最大 5 台のスピーカーをデイジーチェインできるため、広い会議室でもテーブルの上が散らかりません。

ユーザーエクスペリエンスを高めるため精密に設計されており、4K センサー搭載 Ultra HD カメラは 120° の画角で従来カメラではカバーしきれなかった小さな空間でも、会議テーブルに座っている全員を映し出すことができます。さらに、参加者の検出、画像のトリミングとズーム、画面への表示をすべて自動で行います。

2%2BThe%2Bmeeting%2Broom0g0u.JPEG

Chrome OS 搭載の ASUS Chromebox は、ハングアウト Meet ハードウェアの導入・管理をこれまで以上に容易にします。本体は自動で OTA アップデートが可能で、キット内の他のすべてのコンポーネントにアップデートをプッシュすることで、エンタープライズ水準のセキュリティと信頼性を保ちます。また、リモートデバイスの監視とマネージメントにより、管理者に対する利便性も確保しています。

Google カレンダーを使った会議のスケジュール設定、Google ドライブへの会議記録の録画など、ハングアウト Meet は様々なビデオ会議をこれまで以上に手軽なものにします。

より多くの機能、優れた会議

ユーザー フィードバックに基づき、ハングアウト Meet には以下のアップデートが提供されます。

  • 会議を録画して Google ドライブに保存: 会議に参加できないメンバーがいても問題ありません。会議の録画を Google ドライブに直接保存できるようになりました。ハングアウト Meet ハードウェアキットがない場合でも、Web 版の ハングアウト Meet から数回クリックすることで、会議の様子が保存可能です。
  • 最大 50 人まで参加可能: 最大 50人までの参加者をサポートしています。組織内外のメンバーと定期的な会議を行うグローバル企業では非常に便利です。

3%2BThe%2Bmeeting%2Broomlua3.PNG

新しい機能は本日より順次展開します。ハードウェアキットの価格は 280,000 円(税抜き)で、日本では 11月中旬よりご購入いただけます。詳細については、G Suite Web サイトをご覧ください。

*1 G Suite エンタープライズ版で利用可能

※この投稿は、米国時間 2017 年 10 月 31 日に Keyword に投稿されたものの抄訳です。