コンテンツに移動
DevOps & SRE

オープンなコミュニケーションを通じて成功を促進

2023年12月5日
Google Cloud Japan Team

※この投稿は米国時間 2023 年 11 月 28 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

おしゃべりは大切です。

特に、急速に進化する今日のビジネス環境においては、効果的なコミュニケーションが成功の鍵となります。良好なコミュニケーションは、コラボレーションやイノベーション、さらにはパフォーマンスの高いチームの基盤を形成します。Google の DevOps Research and Assessment(DORA)とプロジェクト アリストテレスの調査は、効果的なコミュニケーションが、組織の卓越性を推進するうえでいかに重要な役割を果たすかを実証したものです。この調査では、コミュニケーションはオープンかつ透明な方法で情報や視点を積極的に共有する能力として定義されています。以下に詳しく説明していきます。

効果的なソフトウェア チームと組織文化を推進する要素を把握するには、どうすればよいか

ソフトウェア デリバリーと運用における成功の秘訣を解き明かすのは容易なことではありませんが、Google はその答えを見つけることを使命としています。Google では、多くのテクノロジーを開発するだけでなく、テクノロジーがどのように開発されるかについても調査しています。プロセスを分解することで、最適化の対象となる領域を特定できます。

Google の DORA プログラムは、「テクノロジーは組織の成功にどのように役立つのか、どのようにすればソフトウェア デリバリーと運用を改善できるのか」という問いの答えを模索する、学術的かつ統計的に厳密な調査プログラムです。

何百もの Google チームを横断して行うプロジェクト アリストテレスのような社内調査プロジェクトでは、なぜあるチームはつまずき、あるチームは飛躍するのかといったことを解明するために複数年にわたって研究しています。これにより、効率性の高いチームの原動力をリアルタイムで調べ、これらのツールやプロセスをスケーリングする方法を探ることができます。

効率性の高いチームの原動力を探り、テクノロジーがどのようにして組織を新たな高みへと押し上げるのかを考えてみましょう。このブログシリーズでは、Google が長年かけて導き出した調査結果を、組織内での成功を促進するために適用できる 5 つの要素にまとめてご紹介します。

  1. 組織文化のレジリエンス
  2. コミュニケーション(今回のブログ投稿の主題)
  3. コラボレーション
  4. イノベーション
  5. 支援

意見: 多様性の力を増幅する

包括的で透明性のあるコミュニケーションは、組織の成功を導く鍵となります。コミュニケーションとは、単にメッセージを伝達することではなく、組織内の多様な意見を受け入れることだからです。この記事では、コミュニケーションを「オープンかつ透明性の高い方法で、情報や視点を積極的に共有する能力」と定義します。DORA の調査と Google のプロジェクト アリストテレスはどちらも、包括性の重要性と、成功を推進するうえでの多様な視点の価値を強調しています。さまざまなバックグラウンド、経験、役割を持つ人々が集まることで、集団思考を抑制しつつ、より優れた問題解決や意思決定につながる豊富なアイデアやインサイトを引き出せます。

オープンなコミュニケーションと信頼を育む心理的安全性は、多様な視点を提供し、それを活用するための条件となるため、チームにとって最も重要な原動力です。チームメンバーが他人の評価を恐れることなく、安心して質問し、自分のアイデアを共有できるようになると、恥じることよりも成功が優先され、協力的でオープンな対話環境が実現されます。

チームメンバーに自分の意見を伝えるよう奨励することで、イノベーションを促進する環境が生まれます。さまざまな意見がユニークな視点を提供することで、チームはより創造性を発揮して複雑な課題に取り組めるようになり、チームの価値を増幅しながら個々のチームメンバーのイノベーションを引き出せます。

情報フロー: シームレスな知識交換を促進する

プロジェクト アリストテレスの調査により、成功するチームとそれ以外のチームに分かれる重要な要因の一つが情報フローであることがわかりました。従業員が必要な情報にアクセスでき、コミュニケーション チャネルがオープンかつ透明であれば、コラボレーションが促進され、サイロ化が抑制され、意思決定プロセスが強化されます。情報共有を効率化するテクノロジーやツールの導入は不可欠です。リアルタイムのコミュニケーション チャネルなどのコラボレーション プラットフォームは、チームに力を与え、透明性と可視性によって意思決定プロセスを強化します。

組織の可能性を最大限に引き出すには、情報フローを簡単にし、アクセスしやすいチャネルを確立することが極めて重要です。社会学者の Ron Westrum 博士による調査では、情報フローは、問題が発生したときに組織の一部または全体がどのように行動するかを示すのと同時に、それらに影響力を与えることが明らかになりました。

Westrum 博士の調査や、DORA や Google のプロジェクト アリストテレスから得られたインサイトはすべて、情報が自由に共有され、簡単にアクセスできる環境を構築することの重要性を強調しています。

DORA による 2023 Accelerate State of DevOps Report によると、質の高いドキュメントを備えたチームは、以下の一部のカテゴリにおいて、組織のパフォーマンスに関する技術的能力が強化されていることがわかりました。

https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/2023_dora_findings_1.max-1000x1000.png

成功するチームを構築するには、チームメンバーが常に情報を入手し、取り組みを調整し、十分な情報に基づいた意思決定を行えるようにする効果的なコミュニケーション チャネルが必要です。定期的な会議から、匿名アンケートやコラボレーション プラットフォームに至るまで、これらのチャネルは、チームが常に情報を入手し、取り組みを調整し、データに基づいた意思決定を行うための重要な役割を果たします。

成功するチームとそれ以外のチームに分かれるもう一つの要因は、信頼性です。Google の社内調査によると、有能なチームメンバーは手助けに積極的であり、常に 1~3人のメンバーが同僚を助けるために進んで手を挙げています。チームを成功に導くには、信頼性が不可欠です。信頼性とは、単に仕事をこなすだけではなく、質の高い仕事が予定どおりに完了すると確信できることも意味します。

メッセンジャー: 模範を示す

プロジェクト アリストテレスから得られた調査結果は、オープンで透明性のあるコミュニケーションの基調を整えるうえでのリーダーの重要な役割を一貫して強調しています。

この新しい共同コミュニケーションの導入を成功させるには、トップダウンによる取り組みが必要です。従業員が自分のアイデアや経験をどれだけ共有するかを判断する際に、常に上司に意見を求めるようにします。Google の調査によると、優れたリーダーは、オープンな対話のための安全なスペースを設け、全員の意見を聞くようにすることで、チームに力を与えています。真のリーダーシップを体現し、信頼性できる存在であることを示し、部下の意見に積極的に耳を傾けることで、リーダーは、チームメンバーが独自の視点や意見を表明できるようにするだけでなく、これらのインサイトが評価され、活用されるようにします。このような包括的なアプローチにより、各メンバーの帰属意識が強まり、継続的な学習や改善の文化が促進されます。

テクノロジー主導の組織が優位となる動的な環境においては、効果的なコミュニケーションが成功の柱となります。Google と DORA の調査はどちらも、高いパフォーマンスを発揮するチームを奨励し、イノベーションを先導するうえで、コミュニケーションが極めて重要な役割を果たしていることを一貫して強調しています。オープンかつ透明性の高い方法で情報や視点を積極的に共有する文化を育むことで、多様な意見の力を引き出し、シームレスな情報フローを促進できます。また、あらゆるレベルのリーダーに力を与え、成功が単なるゴールではなく継続的な取り組みとなる環境を構築できます。テクノロジー ツールで強化されたコミュニケーションの力を活用することで、信頼、コラボレーション、画期的なイノベーションが当たり前となる組織のエコシステムへの道を切り開きます。

次のステップ

Google は、社内外の広範な調査に基づいて独自のクラウド文化の成功評価を開発しました。これにより、コミュニケーション、運用、信頼性、セキュリティ、組織のパフォーマンスという 5 つの柱に焦点を当てることが、より効果的なソフトウェア デリバリー パイプラインに貢献することを実証しました。これらの 5 つの柱はそれぞれ、よりアジャイルで文化的にレジリエントな組織を形成するうえで重要な役割を果たします。コミュニケーションが組織の文化をどのように変えることができるかについて、より深い知見を得たいとお考えでしたら、dora.dev をご覧いただくか、Google にお問い合わせください。コラボレーションを推進し、組織の目標に沿うだけでなく、組織を持続的かつ長期的な成功へと導く、コミュニケーション中心の文化を育みましょう。

-デジタル トランスフォーメーション コンサルタント Vivian Hu

投稿先