データ分析

JOIN 2021: Looker コミュニティとプロダクト ビジョンを共有

join2021.jpg

※この投稿は米国時間 2021 年 11 月 10 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

JOIN 2021 へようこそ。Looker の年次ユーザー カンファレンスを開催できることを大変嬉しく思います。このイベントは、Looker コミュニティとつながりを持ち、Google のパートナー様やお客様と交流し、さらにプロダクトの機能の紹介や、今後 1 年間のプロダクト ビジョンと戦略を共有できる素晴らしい機会として毎年楽しみにしているものです。

今年も 2 年連続でオンラインでの開催となります。今年は皆さんに直接お会いしたかったのですが、それでも Looker コミュニティとオンラインでつながることができて嬉しく思っています。今年も多くの知見と学びを得られる有益なコンテンツをご用意しています。JOIN 2021 では、5 つの基調講演、33 のブレイクアウト セッション、12 の入門ガイド、成功事例を取り上げる 27 の Data Circles of Success(ライブ)、そして好評のハッカソンなどを盛り込んだ 3 日間をお届けします。

このイベントで最も心躍るコンテンツの一つが、待望のプロダクト基調講演セッションです。そこでは、Google のプロダクト ビジョン、主要な投資、新しいプロダクトの機能、そして今後のロードマップについて学べます。また、チームが取り組んできたワクワクする素晴らしいプロジェクトを皆さんにご紹介する機会も設けています。ここでは、プロダクト基調講演で話される内容の一部をご紹介します。

組み立て可能な分析

さまざまな人が異なる役割の中で、多様な方法を用いてデータを扱う必要があるという考えは、Looker のプロダクトの方向性を決める信念となっています。組み立て可能な分析により、組織は従来のビジネス インテリジェンス(BI)に勝る方法で、人々のさまざまな働き方に合わせたカスタムメイドのデータ エクスペリエンスを提供できるようになります。Looker は、専門的な技術スキルがなくても、再利用可能なコンポーネントとローコードなデプロイのオプションを用いて、人々がさまざまなデータ エクスペリエンスをすばやく簡単に組み立てることができる世界を目指しています。

Looker の拡張フレームワークLooker コンポーネントへ投資することで、開発者が組み立て可能な分析アプリケーションを構築するための基盤を確立しています。Looker の拡張フレームワークは、開発者がホスティング、認証、認可、ローカル API アクセスなどを気にすることなく、Looker での多様なエクスペリエンスの構築を大幅に簡素化し迅速に行うための促進剤として機能します。

「拡張フレームワークのおかげで、1 日あれば開発者 1 人だけでアプリケーションを構築できます。Looker の素晴らしい機能がいくつも生み出されるのを長年目にしてきましたが、拡張フレームワークはそのなかでも特に革新的なものになる可能性を秘めています。」 - Data Driven CEO Jawad Laraqui 氏(Jawad 氏のセッション「Looker によるカスタムデータ エクスペリエンスの構築と収益化」をお見逃しなく)

Looker コンポーネントは、拡張テンプレート、コンポーネント化された Looker 機能、基礎的なコンポーネントのライブラリ、およびテーマ設定により、Looker のネイティブ機能を活用した素晴らしいデータ エクスペリエンスの発展に対するハードルを低減します。7 月には、開発者が Looker の任意のダッシュボードで宣言したフィルタを、埋め込まれた任意のアプリケーションや拡張機能に提供できるフィルタ コンポーネントをリリースしました。本日は、オープンソースのツールキットである可視化コンポーネント(下のスクリーンショット)を発表します。これにより、お好きな可視化を Looker に接続し、表示方法をカスタマイズし、それを外部アプリケーションに追加するといったことが容易になります。

looker data.jpg

さらに、開発者がアプリケーション、ブロック、プラグインなど、BI を超えたコンテンツを探せる、新しい Looker 一般公開マーケットプレイスを発表します。

拡張アナリティクス

拡張アナリティクスによって、人々のデータとの関わり方は根本的に変わります。人工知能と機械学習の機能を活用して、Looker でより良い直感的なエクスペリエンスを提供するために、企業を支援する絶好の機会だと考えています。Google は、Contact Center AI(CCAI)と医療関連の NLP という 2 つのソリューションを通じて、拡張アナリティクス機能を提供しています。

Looker の Contact Center AI(CCAI)ソリューションは、企業がすべての自社データから分析情報を得て、カスタマー ジャーニー全体をより深く理解し、評価するのに役立ちます。CCAI のプロダクト チームと提携して、CCAI 分析情報用の Looker ブロックを構築しました。これにより、高度な分析情報を Looker 上で自社データに統合し、ビジネスデータとカスタマー エクスペリエンスのオーバーレイが可能になります。

医療関連の NLP API 向け Looker ブロックは、既存の医療システムと Google Cloud でホストされているアプリケーション間の重要な橋渡しを行い、Google Cloud に医療データを保存してアクセスするためのマネージド ソリューションを提供しています。医療機関、医療保険会社、製薬会社は、投薬、治療、症状、臨床履歴などテキスト内の医療コンセプトの背景情報と関係をすばやく理解し、他の臨床データソースへの紐付けを開始してそのデータを下流で AI や ML に活用します。

また、Looker でのデータ操作方法にも投資しています。Ask Looker では、自然言語クエリを使用して、データを調査し可視化できます。Google の AI に関する専門知識と Looker の最新のセマンティック レイヤを組み合わせることで、Ask Looker を使用するユーザーに、データを操作する際のハードルが従来に比べて大幅に低減された、他にはない価値あるエクスペリエンスを提供します(この機能は現在プレビュー版で提供されており、2022 年にはさらに多くのお客様に展開される予定です)。

最新の Looker ソリューションの詳細については、こちらをクリックしてください。

ユニバーサル セマンティック モデル

当初からの主要な差別化要因は Looker のセマンティック モデルでした。LookML のモデリング言語を使用すると、開発者が組織のビジネスルールや計算を、一元化され再利用可能なセマンティック定義を用いて記述できます。これにより、組織全体のすべての人が、一貫した信頼性の高いデータ解釈によって作業していることを確信し、より自信を持ってビジネス上の意思決定を行うことを可能にします。まもなく、Tableau、Google スプレッドシート、Google スライドなどのさまざまなフロントエンドのアプリケーションが Looker のセマンティック モデルに接続できるようになります。

Looker のユニバーサル セマンティック モデルを使用すると、企業は異なるツールを使用するすべてのユーザーに、信頼できる管理されたデータを提供できます。これにより、データの漏洩リスクが高い、古くて安全性の低いデータにユーザーが依存するリスクを排除できます。ユニバーサル セマンティック モデルにより、企業は性質の異なるデータセットを、中央リポジトリに結びつけることで、ビジネスを包括的に把握できるようになります。

Looker の一部になったデータポータル

データポータルも Looker の一部として利用できるようになったことをお知らせします。データポータルにより、Google 広告やその他のデータソースを活用し、レポートとアドホック分析を実現する強力なソリューションが構築されました。これは、Looker のエンタープライズ向け BI と分析プラットフォームにおける明確かつ相補的なユースケースです。データポータルと Looker を統合することで、両方のプロダクトの優れた点を組み合わせて、組織のデータ活用方法を再考する素晴らしい機会が得られます。

2021 年も残りわずかとなりますが、私たちは今年リリースしたプロダクトの機能に自信を持っており、2022 年に行う投資にも期待を寄せています。そして、お客様やパートナーの皆さまの継続的なサポートに心から感謝しています。Google の仕事は、皆さまが構築する革新的なアプリケーションやサポートするユースケースによって、日々刺激を受けています。JOIN 2021 と、デジタル形式で利用できる素晴らしいコンテンツのすべてを、どうぞお楽しみください。すべてのイベント セッションにアクセスするために、忘れずに登録をしてください。2022 年には、皆さまと直接お会いできることを楽しみにしています。


- Google Cloud、Looker アウトバウンド プロダクト管理担当ディレクター Pedro Arellano