コンテンツに移動
コンピューティング

IT プロフェッショナルが抱える 5 つの疑問を Google Cloud Next で解消

2024年4月5日
https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/images/Google_Cloud_Next_2024_w.max-2500x2500.jpg
Google Cloud Japan Team

Gemini 1.5 モデル をお試しください。

Vertex AI からアクセスできる、Google のもっとも先進的なマルチモーダル モデルです。

試す

※この投稿は米国時間 2024 年 3 月 27 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

IT 管理者やアーキテクトとして、難しい仕事を多く抱えている皆様には、高速かつ安全で費用対効果が高く、AI から分析、大規模なエンタープライズ アプリにまで対応できるインフラストラクチャが必要です。これは皆様の主要業務である一方、絶えず進化する IT 環境下では、時代の最先端を走り続けるために生成 AI などの新たなテクノロジーに適応し、学習することも強いられます。

こうした話に身に覚えがある方は、ぜひ Google Cloud Next '24 にご参加ください。最新のクラウド シークレット、システム、シリコンについて学ぶことができます。

「本当に?」と疑い深く思うかもしれません。

本当です4 9 日~11 日にラスベガスで開催される今年の Google Cloud Next では、基調講演、「ハウツー」の詳細情報、パネル ディスカッション、デモ、ラボといった幅広いアジェンダを予定しています。全セッションの詳細については、こちらのセッション ライブラリをご覧ください。ご参加を決めかねている方のために、皆様も抱えているかもしれない以下の 5 つの疑問を解消する Next '24 セッションをご紹介します。

1. どうすればクラウド プロバイダの費用を削減し、信頼性を評価できるか?

クラウドへの移行と運用は、必ずしも悩みの種になるとは限りません。すべてのプロバイダは同じではないため、使いやすい戦略、ツール、柔軟なインフラストラクチャがあれば、大幅に費用を削減できます。ぜひ、以下のセッションにご参加ください。

2. VMware SAP などのエンタープライズ アプリのモダナイゼーションに関する可能性、リスク、ベスト プラクティスとは?

クラウドネイティブのワークロードは便利ですが、エンタープライズ ワークロードも欠かせないものとして大半の組織で利用されています。エンタープライズ ワークロードをモダナイズするかどうか、するとしたらどのタイミングで、どのように行うかを決定することは、容易ではありません。Next '24 では、さまざまなアイデアを共有し、皆様がご自身でトレードオフを評価できるようサポートします。

3. AI 用のインフラストラクチャをどのように設計すべきか?

AI プロジェクトに取り組むには、パフォーマンス、スケーラビリティ、ノウハウが必要です。Google 10 年にわたり、AI インフラストラクチャを進化させるために先駆的な取り組みを続けてきました。その集大成として誕生した Google Cloud AI ハイパーコンピュータは、パフォーマンスが最適化されたハードウェア、オープン ソフトウェア、最先端の ML フレームワーク、柔軟性に優れた利用モデルを提供して企業をサポートしています。こうした取り組みが評価され、Google は先日、The Forrester Wave™: AI Infrastructure Solutions, Q1 2024 でリーダーに選出されました。「現在のサービス」と「戦略」のどちらのカテゴリにおいても、Google は評価対象となった全ベンダーの中で最高スコアを獲得しました。

以下の Next '24 セッションに参加して、Google AI インフラストラクチャの詳細をご確認ください。

4. コンテナベースのアプリを構築して実行するのにベストな方法は?

マネージド サービスを使用し、適切なデータベースを選択することで、安全でスケーラブルなコンテナベース アプリケーションを構築できます。デベロッパーの皆様に好評の Google Cloud のコンテナ サービスには、Google 10 年以上にわたって週に数十億のコンテナを起動してきた経験が反映されています。以下の Next '24 セッションで詳細をご確認ください。

5. Google のソリューションで主権、スケーラビリティ、制御に関する要件を満たせるか?

接続性、信頼性、データ量、セキュリティに影響するポリシーや規制により、多くのお客様がパブリック クラウド サービスを導入するうえで課題に直面しています。Google Distributed Cloud は、行政機関、規制の厳しい業界、通信、製造、小売(McDonald の最近の事例をご覧ください)向けのソリューションを提供しています。以下のセッションで詳しい情報をご確認ください。

6. とにかく何か画期的なことを目にしたい。どのセッションに参加すべき?

おそらく皆様は、生成 AI がどのように Google Cloud ソリューションに組み込まれているのか興味をお持ちでしょう。まだ多くを公開することはできませんが、ぜひ次のセッションにご参加ください。Transform your cloud operations and design capability with Duet AI for Google CloudDuet AI for Google Cloud でクラウド運用と設計能力を変革)

皆様もこうした疑問をお持ちですか?4 9 日から開催される Next '24 では、これらの疑問に対するたくさんの答えをご用意して皆様をお待ちしています。

参加枠には限りがありますので、まだ登録がお済みでない方は、今すぐこちらからご登録ください。

-コンピューティング担当プロダクト マーケティング マネージャー Jarrad Swain
投稿先