コンテンツに移動
アプリケーション モダナイゼーション

プライベート マーケットプレイス(プレビュー版)の公開のお知らせ

2022年11月17日
https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/original_images/appmod_2022_BCxlWZl.jpg
Google Cloud Japan Team

※この投稿は米国時間 2022 年 11 月 11 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

Google Cloud Marketplace には、各業界の組織に役立つさまざまなプロダクトがあります。しかし、豊富な選択肢が提供されていることが、IT チームによって精査、承認されたアプリケーションを組織内の従業員に簡単に表示できるようにしたいクラウド管理者にとっては、かえって問題になることがあります。たとえば、このような幅広いプロダクトを目の当たりにした場合、従業員は誤って互換性のないバージョンのプロダクトをデプロイしてしまう可能性があります。あるいは、IT チームが特定のプロダクトを推奨していることを知らず、IT チームがレビューや承認を行っていないソフトウェアを採用しまう可能性もあります。

こうした問題を回避し、業務に必要なソフトウェアやツールにチームがすばやく簡単にアクセスできるようにするために、本日はプレビュー版のプライベート マーケットプレイスをご紹介いたします。新しいプライベート マーケットプレイス機能を使用すると、IT チームとクラウド管理者は、特定のプロダクトのみが表示される限定公開バージョンの Google Cloud Marketplace を作成し、組織内の従業員にアクセス権を付与することができます。独自のプライベート マーケットプレイスを使用すると、次のことが可能になります。

  • 組織のプロダクト コレクションをキュレート: 従業員が Google Cloud Marketplace に参加すると、IT チームが事前に選択したプロダクトのみで構成されるカスタマイズ コレクションがデフォルトで表示されます。これにより、従業員は事前承認されたプロダクトを迅速かつ確実に識別できるようになります。

  • 冗長なプロダクトの防止: 組織(特に大規模な組織)がチームやビジネス ユニット全体で共通のプロダクトを使用している場合、大幅な値引き交渉が可能になったり、数量割引のオファーの利用をしやすくなったりすることがあります。また、利用するプロダクトを揃えることで、複雑さが軽減され、知識の共有を簡単に行えるようになります。

  • 「シャドー IT」の削減: チームやビジネス ユニットが、中央の IT チームやガバナンス チームが把握していないプロダクトを購入すると、コンプライアンス違反のプロダクトの使用やセキュリティ リスクにつながる可能性があります。プライベート マーケットプレイスを設定すると、承認されたプロダクトのみを表示し、その使用を奨励することで、管理を強化できます。調達のリクエスト ワークフローを有効化すると、可視性がさらに向上します。

何よりも、プライベート マーケットプレイスの設定は簡単です。また、Google Cloud Marketplace で提供されているものとは異なるプロダクトを普段使用しているチームやユーザーがいる場合は、それぞれに複数のコレクションを作成して、最も関連性の高いものだけを表示することもできます。

プライベート マーケットプレイスの設定方法

プライベート マーケットプレイスは、シンプルな手順で簡単に設定できます。Identity and Access Management(IAM)や組織のポリシーに代わるものではありませんが、コンプライアンスを遵守したプロダクトを従業員が見つけられるようにするために組織の管理者が取るアクションが大幅に簡略化されます。

  • 組織管理者または組織ガバナンス管理者は、[Google Cloud Marketplace] > [Marketplace のガバナンス] > [プライベート マーケットプレイス] にアクセスできます。

  • [コレクションを作成] をクリックします。

  • 設定するコレクションの名前と簡単な説明を入力します。

  • [商品を追加] で、[+ 追加] をクリックし、追加するプロダクトの URL を貼り付けます。

  • [共有] をクリックし、このコレクションを共有する組織、フォルダ、またはプロジェクトを選択して、[保存] をクリックします。

  • [Marketplace のガバナンス] に戻り、[マーケットプレイスを Google Cloud Marketplace に表示する] の横にあるスイッチを切り替えます。

https://storage.googleapis.com/gweb-cloudblog-publish/original_images/Private_Marketplace.gif

これで、設定した組織、フォルダ、またはプロジェクトのユーザーがプライベート マーケットプレイスにアクセスできるようになります。また、コレクションに含まれていないプロダクトを検索する場合は、そこから Marketplace の他の場所にアクセスできます。

この新しいプレビュー機能の詳細については、プライベート マーケットプレイスの作成およびコレクションの作成と共有に関するドキュメントをご覧ください。


- Google Cloud プロダクト マネージャー、Abhijit Chatterjee
- Google Cloud ソフトウェア エンジニア、Dushyanth Chickabasapa

投稿先