Binary Authorization サービスを有効にする

このページでは、デプロイ担当者プロジェクトで Binary Authorization を有効化する方法について説明します。

最初にプロジェクトを作成または選択します。コンテナをデプロイする Google Cloud プロジェクトで Binary Authorization を有効にします。これは、Google Kubernetes Engine(GKE)、Cloud Run、Anthos clusters on VMware などのサポートされているプラットフォームを実行しているプロジェクトと同じプロジェクトです。

Binary Authorization を有効にする手順は次のとおりです。

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Artifact Registry, Container Analysis, and Binary Authorization API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  6. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  7. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  8. Artifact Registry, Container Analysis, and Binary Authorization API を有効にします。

    API を有効にする

  9. Cloud SDK をインストールして初期化します。

Binary Authorization が有効になっています。これで、コンテナ管理プラットフォームを使用して設定できるようになりました。

次のステップ