注文番号の更新

注文番号(IO 番号、CPE またはクライアント コードとも呼ばれる)は、請求書のヘッダーに表示される識別子です。このページでは、毎月の請求アカウントに関連付けられる注文番号を設定または更新する方法について説明します。

注文番号の管理に必要な権限

毎月の請求アカウントに使用する注文番号を設定または更新するには、Cloud 請求先アカウントに対する次の権限を含むロールが必要です。

この権限を取得するには、Cloud 請求先アカウントに対する請求先アカウント管理者のロールを付与するよう管理者に依頼してください。

請求権限の詳細については、次をご覧ください。

請求アカウントに関連付けられている注文番号を表示する

各請求書の注文書の表示は次のとおりです。

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択し、管理するアカウントを開きます。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [ドキュメント] をクリックします。

  4. Documents テーブルで、[Purchase order] 列を探します。請求書の値が空の場合は、請求書の生成時に Cloud 請求先アカウントに注文番号が設定されていないことを意味します。

注文番号を設定または更新するには:

請求書発行 Cloud 請求先アカウントに関連付けられている注文番号を設定または更新するには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud Console にログインします。

    Cloud Console にログインする

  2. Cloud Console のナビゲーション メニューを開き、[お支払い] をクリックします。

    複数の Cloud 請求先アカウントがある場合は、次のいずれかを行います。

    • 現在のプロジェクトの Cloud Billing を管理するには、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択します。
    • 別の Cloud 請求先アカウントを見つけるには、[請求先アカウントを管理] を選択し、管理するアカウントを開きます。
  3. [お支払い] ナビゲーション メニューから [ドキュメント] をクリックします。

  4. 注文番号を設定)をクリックします。

  5. 新しい注文番号を入力します。

  6. [OK] をクリックします。

新しい注文書番号は、後続の請求書が生成されるときにそれらの請求書に関連付けられます。以前に生成した請求書の注文番号を更新するには、請求書を再生成します。

[注文番号を設定] ボタンが表示されない、またはアクセスできない場合

Cloud 請求先アカウントの [ドキュメント] ページを表示していて、請求先アカウント [注文番号の設定] ボタンが表示されない、またはアクセスできない場合は、次の理由が考えられます。

  • 表示している Cloud 請求先アカウントは、請求書ごとに支払うように構成されておらず、自動支払いセルフサービス / オンライン アカウントです。注文番号を設定できるのは、請求アカウントとして構成されている Cloud 請求先アカウントに対してのみです。
  • 請求アカウントに関連付けられている注文番号を設定または更新するために必要な Cloud 請求先アカウントの権限がない場合。Cloud 請求先アカウントの管理者にご連絡ください。

以前に発行した請求書の注文番号の更新

すでに発行されている請求書の注文番号を変更するには、新しい注文番号を設定した後、更新する請求書を 1 つずつ再生成します。

請求書を再生成するには、次の手順を行います。

  1. Documents テーブルで、詳細を表示する請求書の行をクリックします。ポップアップが開き、メモ番号、金額、ステータス、注文書番号、アカウントの詳細など、ドキュメント ヘッダーの詳細が表示されます。
  2. 請求書のポップアップの右上にある [操作] を選択します。
  3. 注文番号の更新など、請求書のリビジョンをリクエストするには、[情報を更新して請求書を再作成する] を選択します。
  4. [リクエスト ステータス] の確認を読み、[OK] をクリックして Documents テーブルに戻ります。再生成するように選択した請求書ごとに、48 時間経過してから、同じ請求書に対する別のリビジョン リクエストを行う必要があります。

別の請求書の注文番号を更新するには、上記の手順を繰り返します。