HBase シェルを使用したクイックスタート

このページでは、HBase シェルを使用して Cloud Bigtable インスタンスに接続する方法や、基本的な管理タスクを遂行する方法、テーブルのデータの読み取りと書き込みを行う方法について説明します。

HBase シェルを使用しない場合は、代わりに cbt コマンドを使用したクイックスタートに従うこともできます。

始める前に

  1. Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  2. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  3. Cloud Bigtable and Cloud Bigtable Admin API を有効にします。

    API を有効にする

Cloud Bigtable インスタンスを作成する

  1. Google Cloud Console で [インスタンスの作成] ページを開きます。

    [インスタンスの作成] ページを開く

    [インスタンスの作成] ページのスクリーンショット

  2. [インスタンス名] に「Quickstart instance」と入力します。

  3. [インスタンス ID] に「quickstart-instance」と入力します。

  4. [ストレージのタイプ] で [SSD] を選択します。

  5. [クラスタ ID] に「quickstart-instance-c1」と入力します。

  6. [リージョン] で「us-east1」を選択します。

  7. [ゾーン] で [us-east1-c] を選択します。

  8. [作成] をクリックしてインスタンスを作成します。

インスタンスへの接続

  1. Cloud Shell でターミナル ウィンドウを開きます。

    Cloud Shell で開く

  2. HBase シェルと Java 用 Cloud Bigtable HBase クライアントを使用するには、Java 8 ランタイム環境をインストールする必要があります。Java の他のバージョンはサポートされていません。次のコマンドを実行して、Java 8 環境をインストールして設定します。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install openjdk-8-jdk-headless
    export JAVA_HOME=$(update-alternatives --list java | tail -1 | sed -E 's/\/bin\/java//')
  3. HBase シェルファイルを格納するリポジトリのクローンを作成し、HBase シェルのディレクトリに移動します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/cloud-bigtable-examples.git
    cd cloud-bigtable-examples/quickstart
  4. HBase シェルを起動します。

    ./quickstart.sh

これで、接続されました。

データの読み取りと書き込み

Cloud Bigtable では、いくつもの行で構成されたテーブルにデータが格納されます。各行は行キーによって識別されます。

各行内のデータは、列のグループである「列ファミリー」に整理されます。列ファミリー内の個々の列は列修飾子によって識別されます。

行と列が交差する部分に、値のバージョンがタイムスタンプ付きで複数存在することがあります。各バージョンをセルといいます。

  1. テーブルを my-table という名前で作成し、cf1 という名前で列ファミリーを 1 つ設定します。

    create 'my-table', 'cf1'
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    0 row(s) in 1.5210 seconds
    
    => Hbase::Table - my-table
    
  2. テーブルの一覧を表示します。

    list
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    TABLE
    my-table
    1 row(s) in 1.3580 seconds
    
    => ["my-table"]
    
  3. 列ファミリー cf1 と列修飾子 c1 を使用して、行 r1test-value という値を入れます。

    put 'my-table', 'r1', 'cf1:c1', 'test-value'
    
  4. scan コマンドを使用して、テーブルをスキャンし、追加したデータを読み取ります。

    scan 'my-table'
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    ROW      COLUMN+CELL
     r1      column=cf1:c1, timestamp=1430687836046, value=test-value
    1 row(s) in 0.6260 seconds
    
  5. テーブル my-table を削除します。

    disable 'my-table'
    drop 'my-table'
    
  6. exit」と入力し、Enter キーを押して、HBase シェルを終了します。終了した後に一連のログメッセージが表示されますが、これは正常です。

クリーンアップ

このクイックスタートで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順に従います。

  1. Cloud Console で Cloud Bigtable インスタンスのリストを開きます。

    インスタンスのリストを開く

  2. [クイックスタート インスタンス] をクリックします。
  3. [インスタンスの削除] をクリックします。

    [インスタンスの削除] ペインのスクリーンショット

  4. quickstart-instance」と入力し、[削除] をクリックして、インスタンスを削除します。

次のステップ