HBase shell を使用したクイックスタート

このページでは、HBase shell を使用して Cloud Bigtable インスタンスに接続する方法や、基本的な管理タスクを遂行する方法、テーブルのデータの読み取りや書き込みを行う方法について説明します。

HBase shell を使用しない場合は、代わりに cbt コマンドを使用したクイックスタートに従ってください。

始める前に

  1. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  2. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 詳しくは、課金を有効にする方法をご覧ください。

  3. Cloud Bigtable と Cloud Bigtable Admin API を有効にします。

    APIを有効にする

Cloud Bigtable インスタンスを作成する

  1. Google Cloud Platform Console で [インスタンスの作成] ページを開きます。

    [インスタンスの作成] ページを開く

    [インスタンスの作成] ページのスクリーンショット

  2. [インスタンス名] に「Quickstart instance」と入力します。

  3. [インスタンス ID] に「quickstart-instance」と入力します。

  4. [インスタンスのタイプ] で [開発] を選択します。

  5. [ストレージの種類] で [SSD] を選択します。

  6. [クラスタ ID] に「quickstart-instance-c1」と入力します。

  7. [リージョン] で「us-east1」を選択します。

  8. [ゾーン] で [us-east1-c] を選択します。

  9. [作成] をクリックしてインスタンスを作成します。

インスタンスへの接続

  1. Cloud Shell でターミナル ウィンドウを開きます。

    Cloud Shell で開く

  2. HBase シェルファイルを含むリポジトリのクローンを作成し、HBase シェルのディレクトリに移動します。

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/cloud-bigtable-examples.git
    cd cloud-bigtable-examples/quickstart
  3. HBase シェルを起動します。

    ./quickstart.sh

これで、接続されました。

データの読み取りと書き込み

Cloud Bigtable では、いくつもの行で構成されたテーブルにデータが格納されます。各行は行キーによって識別されます。

各行内のデータは、列のグループである「列ファミリー」に整理されます。列ファミリー内の個々の列は列修飾子によって識別されます。

セルとは、行と列が交差する部分です。Cloud Bigtable では、行と列の交点に複数のセルを含めることができます。これは、その交点の値の異なるバージョンです。各セルにはタイムスタンプがあります。セルはタイムスタンプによって、その交点の他のセルと区別されます。

  1. cf1 という列ファミリーを持つ my-table という名前のテーブルを作成します。

    create 'my-table', 'cf1'
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    0 row(s) in 1.5210 seconds
    
    => Hbase::Table - my-table
    
  2. テーブルの一覧を表示します。

    list
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    TABLE
    my-table
    1 row(s) in 1.3580 seconds
    
    => ["my-table"]
    
  3. 列ファミリー cf1 と列修飾子 c1 を使用して、行 r1test-value という値を入れます。

    put 'my-table', 'r1', 'cf1:c1', 'test-value'
    
  4. scan コマンドを使用してテーブルをスキャンし、追加したデータを読み取ります。

    scan 'my-table'
    

    シェルによって次のような出力が表示されます。

    ROW      COLUMN+CELL
     r1      column=cf1:c1, timestamp=1430687836046, value=test-value
    1 row(s) in 0.6260 seconds
    
  5. テーブル my-table を削除します。

    disable 'my-table'
    drop 'my-table'
    
  6. exit と入力して Enter キーを押し、HBase シェルを終了します。終了した後に一連のログメッセージが表示されますが、これは正常です。

クリーンアップ

このクイックスタートで使用したリソースについて GCP アカウントに課金されないようにする手順は次のとおりです。

  1. GCP Console で Cloud Bigtable インスタンスのリストを開きます。

    インスタンスのリストを開く

  2. [クイックスタート インスタンス] をクリックします。
  3. [インスタンスの削除] をクリックします。

    [インスタンスの削除] ペインのスクリーンショット

  4. quickstart-instance」と入力し、[削除] をクリックしてインスタンスを削除します。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Bigtable ドキュメント