BigQuery での SQL の概要

このドキュメントでは、BigQuery でサポートされているステートメントと SQL 言語の概要について説明します。

概要

Google 標準 SQL は ANSI 準拠の構造化クエリ言語(SQL)であり、サポートされている次のタイプのステートメントが含まれています。

BigQuery SQL 言語

BigQuery は Google 標準 SQL 言語をサポートしていますが、レガシー SQL 言語も使用できます。BigQuery を初めて使用する場合は、幅広い機能をサポートする Google 標準 SQL を使用してください。たとえば、DDL ステートメントや DML ステートメントなどの機能は、Google 標準 SQL でのみサポートされています。レガシー SQL は下位互換性を維持するために維持されています。レガシー SQL を使用している場合は、移行することをおすすめします。

デフォルト言語からの変更

デフォルトのクエリ言語は、データのクエリに使用するインターフェースによって決まります。別の言語に切り替えるには:

コンソール

Google Cloud Console のデフォルト言語は Google 標準 SQL です。言語をレガシー SQL に変更するには、次の手順に従います。

  1. 必要に応じて、[クエリを新規作成] をクリックしてクエリエディタ ウィンドウを開きます。

  2. [詳細] > [クエリの設定] ボタンをクリックします。

  3. [追加の設定] セクションの [SQL 言語] で [レガシー] をクリックします。これで、このクエリに対してレガシー SQL オプションが設定されます。[クエリを新規作成] をクリックして新しいクエリを作成するときは、レガシー SQL オプションを選択し直す必要があります。

SQL

デフォルトの SQL 言語は Google 標準 SQL です。クエリの一部として接頭辞 #standardSQL または #legacySQL を含めることで、SQL 言語を設定できます。これらのクエリ接頭辞では大文字と小文字が区別されません。また、クエリの前に改行文字で区切る必要があります。次の例では、言語をレガシー SQL に設定し、natality データセットにクエリを実行します。

  1. Google Cloud コンソールで [BigQuery] ページに移動します。

    BigQuery に移動

  2. クエリエディタで次のステートメントを入力します。

    #legacySQL
    SELECT
      weight_pounds, state, year, gestation_weeks
    FROM
      [bigquery-public-data:samples.natality]
    ORDER BY
      weight_pounds DESC
    LIMIT
      10;
    

  3. [ 実行] をクリックします。

クエリの実行方法については、インタラクティブ クエリの実行をご覧ください。

bq

bq コマンドライン ツールのデフォルトのクエリ言語は、レガシー SQL です。Google 標準 SQL 言語に切り替えるには、--use_legacy_sql=false または --nouse_legacy_sql フラグをコマンドライン ステートメントに追加します。

Google 標準 SQL 言語に切り替える

クエリジョブで Google 標準 SQL 構文を使用するには、use_legacy_sql パラメータを false に設定します。

  bq query \
  --use_legacy_sql=false \
  'SELECT
    word
  FROM
    `bigquery-public-data.samples.shakespeare`'

Google 標準 SQL をデフォルトの言語として設定する

コマンドライン ツールの構成ファイル(.bigqueryrc)を編集することで、Google 標準 SQL をコマンドライン ツールと対話型シェルのデフォルト言語として設定できます。

.bigqueryrc の詳細については、コマンド固有フラグのデフォルト値の設定をご覧ください。

.bigqueryrc--use_legacy_sql=false を設定するには:

  1. テキスト エディタで .bigqueryrc を開きます。デフォルトの場合、.bigqueryrc はユーザー ディレクトリにあります(例: $HOME/.bigqueryrc)。
  2. このファイルに次のテキストを追加します。この例では、標準 SQL が、クエリと(ビューを作成するときに使用される) mk コマンドのデフォルト構文として設定されます。query または mk コマンドフラグに対してすでにデフォルト値を構成している場合、[query] または [mk] をもう一度追加し直す必要はありません。

    [query]
    --use_legacy_sql=false
    [mk]
    --use_legacy_sql=false
    
  3. ファイルを保存して閉じます。

  4. 対話型シェルを使用している場合は、変更を適用するために、対話型シェルを終了して再起動する必要があります。

使用可能なコマンドライン フラグについては、bq コマンドライン ツール リファレンスをご覧ください。

C#

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# の設定手順を行ってください。詳細については、BigQuery C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

C# ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、UseLegacySql パラメータを true に設定します。


using Google.Cloud.BigQuery.V2;
using System;

public class BigQueryQueryLegacy
{
    public void QueryLegacy(
        string projectId = "your-project-id"
    )
    {
        BigQueryClient client = BigQueryClient.Create(projectId);
        string query = @"
            SELECT name FROM [bigquery-public-data:usa_names.usa_1910_2013]
            WHERE state = 'TX'
            LIMIT 100";
        BigQueryJob job = client.CreateQueryJob(
            sql: query,
            parameters: null,
            options: new QueryOptions { UseLegacySql = true });
        // Wait for the job to complete.
        job = job.PollUntilCompleted().ThrowOnAnyError();
        // Display the results
        foreach (BigQueryRow row in client.GetQueryResults(job.Reference))
        {
            Console.WriteLine($"{row["name"]}");
        }
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Go の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Go クライアント ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、クエリ構成内の UseLegacySQL プロパティを true に設定します。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"

	"cloud.google.com/go/bigquery"
	"google.golang.org/api/iterator"
)

// queryLegacy demonstrates running a query using Legacy SQL.
func queryLegacy(w io.Writer, projectID, sqlString string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// sqlString = "SELECT 3 as somenum"
	ctx := context.Background()
	client, err := bigquery.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("bigquery.NewClient: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	q := client.Query(sqlString)
	q.UseLegacySQL = true

	// Run the query and process the returned row iterator.
	it, err := q.Read(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("query.Read(): %v", err)
	}
	for {
		var row []bigquery.Value
		err := it.Next(&row)
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return err
		}
		fmt.Fprintln(w, row)
	}
	return nil
}

Java

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java の設定手順を行ってください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Java クライアント ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、useLegacySql パラメータを true に設定します。

import com.google.cloud.bigquery.BigQuery;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryException;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryOptions;
import com.google.cloud.bigquery.QueryJobConfiguration;
import com.google.cloud.bigquery.TableResult;

public class RunLegacyQuery {

  public static void main(String[] args) {
    runLegacyQuery();
  }

  public static void runLegacyQuery() {
    try {
      // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
      // once, and can be reused for multiple requests.
      BigQuery bigquery = BigQueryOptions.getDefaultInstance().getService();

      // To use legacy SQL syntax, set useLegacySql to true.
      String query =
          "SELECT corpus FROM [bigquery-public-data:samples.shakespeare] GROUP BY corpus;";
      QueryJobConfiguration queryConfig =
          QueryJobConfiguration.newBuilder(query).setUseLegacySql(true).build();

      // Execute the query.
      TableResult result = bigquery.query(queryConfig);

      // Print the results.
      result.iterateAll().forEach(rows -> rows.forEach(row -> System.out.println(row.getValue())));

      System.out.println("Legacy query ran successfully");
    } catch (BigQueryException | InterruptedException e) {
      System.out.println("Legacy query did not run \n" + e.toString());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用の Node.js の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Node.js クライアント ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、useLegacySql パラメータを true に設定します。

// Import the Google Cloud client library
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');
const bigquery = new BigQuery();

async function queryLegacy() {
  // Queries the U.S. given names dataset for the state of Texas using legacy SQL.

  const query =
    'SELECT word FROM [bigquery-public-data:samples.shakespeare] LIMIT 10;';

  // For all options, see https://cloud.google.com/bigquery/docs/reference/rest/v2/jobs/query
  const options = {
    query: query,
    // Location must match that of the dataset(s) referenced in the query.
    location: 'US',
    useLegacySql: true,
  };

  // Run the query as a job
  const [job] = await bigquery.createQueryJob(options);
  console.log(`Job ${job.id} started.`);

  // Wait for the query to finish
  const [rows] = await job.getQueryResults();

  // Print the results
  console.log('Rows:');
  rows.forEach(row => console.log(row));
}

PHP

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP の設定手順を行ってください。詳細については、BigQuery PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

PHP クライアント ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、useLegacySql パラメータを true に設定します。

use Google\Cloud\BigQuery\BigQueryClient;

$query = 'SELECT corpus FROM [bigquery-public-data:samples.shakespeare] GROUP BY corpus';

$bigQuery = new BigQueryClient([
    'projectId' => $projectId,
]);
$jobConfig = $bigQuery->query($query)->useLegacySql(true);

$queryResults = $bigQuery->runQuery($jobConfig);

$i = 0;
foreach ($queryResults as $row) {
    printf('--- Row %s ---' . PHP_EOL, ++$i);
    foreach ($row as $column => $value) {
        printf('%s: %s' . PHP_EOL, $column, json_encode($value));
    }
}
printf('Found %s row(s)' . PHP_EOL, $i);

Python

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python の設定手順を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Python クライアント ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、use_legacy_sql パラメータを True に設定します。

from google.cloud import bigquery

# Construct a BigQuery client object.
client = bigquery.Client()

query = (
    "SELECT name FROM [bigquery-public-data:usa_names.usa_1910_2013] "
    'WHERE state = "TX" '
    "LIMIT 100"
)

# Set use_legacy_sql to True to use legacy SQL syntax.
job_config = bigquery.QueryJobConfig(use_legacy_sql=True)

# Start the query, passing in the extra configuration.
query_job = client.query(query, job_config=job_config)  # Make an API request.

print("The query data:")
for row in query_job:
    print(row)

Ruby

このサンプルを試す前に、BigQuery クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby の設定手順を行ってください。詳細については、BigQuery Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Ruby クライアント ライブラリではデフォルトで Google 標準 SQL が使用されます。

レガシー SQL 言語に切り替える

クエリジョブでレガシー SQL 構文を使用するには、クエリで legacy_sql: true オプションを渡します。

require "google/cloud/bigquery"

def query_legacy
  bigquery = Google::Cloud::Bigquery.new
  sql = "SELECT name FROM [bigquery-public-data:usa_names.usa_1910_2013] " \
        "WHERE state = 'TX' " \
        "LIMIT 100"

  results = bigquery.query sql, legacy_sql: true do |config|
    # Location must match that of the dataset(s) referenced in the query.
    config.location = "US"
  end

  results.each do |row|
    puts row.inspect
  end
end

次のステップ