メソッド: projects.locations.reservations.assignments.delete

割り当てを削除します。拡張は行われません。たとえば、organizationA には project1 と project2 が含まれます。まず Reservation res1 exists. assignments.create が呼び出され、割り当て <organizationA, res1>、<project1, res1> が明示的に作成されました。その後、<organizationA, res1> を削除しても <project1, res1> には影響しません。<organizationA, res1> の削除後、project1 からのクエリは res1 を使用しますが、project2 からのクエリはオンデマンド モードを使用します。

HTTP リクエスト

DELETE https://bigqueryreservation.googleapis.com/v1beta1/{name=projects/*/locations/*/reservations/*/assignments/*}

この URL は gRPC Transcoding 構文を使用します。

パスパラメータ

パラメータ
name

string

必須。リソースの名前。例:projects/myproject/locations/US/reservations/team1-prod/assignments/123

認可には、指定されたリソース name に対する次の IAM の権限が必要です。

  • bigquery.reservationAssignments.delete

リクエストの本文

リクエストの本文は空にする必要があります。

レスポンスの本文

成功すると、レスポンスの本文は空になります。

承認スコープ

次の OAuth スコープのいずれかが必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/bigquery
  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

詳細については、認証の概要をご覧ください。

試してみる