REST リソース: projects.locations.capacityCommitments

リソース: CapacityCommitment

容量コミットメントは、コミットされた最小使用期間で BigQuery ジョブのコンピューティング容量を(スロット形式で)購入する方法です。容量コミットメントは変更不可であり、コミットメント期間が終了するまで削除することはできません。コミットメント期間が終了した後でもスロットは引き続き使用できますが、いつでも自由に削除できます。

容量コミットメントのリソースは、管理プロジェクトの子リソースになります。

JSON 表現

{
  "name": string,
  "slotCount": string,
  "plan": enum (CommitmentPlan),
  "state": enum (State),
  "commitmentEndTime": string
}
フィールド
name

string

出力のみ。容量コミットメントのリソース名。たとえば、projects/myproject/locations/US/capacityCommitments/123

slotCount

string (int64 format)

このコミットメント内のスロット数。

plan

CommitmentPlanenum ()

容量コミットメントのコミットメント プラン。

state

Stateenum ()

出力のみ。コミットメントの状態

commitmentEndTime

Timestampstring ( format)

出力のみ。コミットメント期間の終了。容量コミットメントは commitEndTime より前には削除できません。これは、ACTIVE な容量コミットメントに対してのみ適用可能であり、容量コミットメントが ACTIVE になった時刻とプランの組み合わせとして計算されます。

RFC3339 UTC「Zulu」形式のタイムスタンプ。精度はナノ秒。例: "2014-10-02T15:01:23.045123456Z"

CommitmentPlan

コミットメント プランは、コミットされた期間の終了を定義します。

列挙型
COMMITMENT_PLAN_UNSPECIFIED 無効なプラン値です。この値を持つリクエストは、エラーコード google.rpc.Code.INVALID_ARGUMENT によって拒否されます。
MONTHLY 容量コミットメントは ACTIVE になってから 30 日間は削除できません。
ANNUAL 容量コミットメントは ACTIVE になってから 365 日間は削除できません。

状態

容量コミットメントは即座に ACTIVE になるか、PENDING から ACTIVE に移行します。

列挙型
STATE_UNSPECIFIED 無効なステータス値です。
PENDING 容量コミットメントはプロビジョニングの保留中です。保留中の容量コミットメントによる、親の slotCapacity への影響はありません。
ACTIVE スロットがプロビジョニングされると、容量コミットメントがアクティブになります。slotCount が親の slotCapacity に追加されます。

メソッド

delete

容量コミットメントを削除します。

get

容量コミットメントに関する情報を返します。

list

管理プロジェクトのすべての容量コミットメントを一覧表示します。