BigQuery Connection API Client Libraries

This page shows how to get started with the Cloud Client Libraries for the BigQuery Connection API. Read more about the client libraries for Cloud APIs, including the older Google APIs Client Libraries, in Client Libraries Explained.

Installing the client library

Go

For more information, see Setting Up a Go Development Environment.

go get -u cloud.google.com/go/bigquery

Java

For more information, see Setting Up a Java Development Environment.

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependency>
  <groupId>com.google.cloud</groupId>
  <artifactId>google-cloud-bigqueryconnection</artifactId>
  <version>1.1.3</version>
</dependency>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

compile 'com.google.cloud:google-cloud-bigqueryconnection:1.1.3'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-bigqueryconnection" % "1.1.3"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Python

For more information, see Setting Up a Python Development Environment.

pip install --upgrade google-cloud-bigquery-connection

Setting up authentication

To run the client library, you must first set up authentication by creating a service account and setting an environment variable. Complete the following steps to set up authentication. For other ways to authenticate, see the GCP authentication documentation.

Cloud Console

サービス アカウントを作成します。

  1. Cloud Console で [サービス アカウントの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントの作成] に移動
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。Cloud Console は、この名前に基づいて [サービス アカウント ID] フィールドに入力します。

    [サービス アカウントの説明] フィールドに説明を入力します。例: Service account for quickstart

  4. [作成] をクリックします。
  5. [ロールを選択] フィールドをクリックします。

    [クイック アクセス] で [基本]、[オーナー] の順にクリックします。

  6. [続行] をクリックします。
  7. [完了] をクリックして、サービス アカウントの作成を完了します。

    ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。次のステップでこれを使用します。

サービス アカウント キーを作成します。

  1. Cloud Console で、作成したサービス アカウントのメールアドレスをクリックします。
  2. [キー] をクリックします。
  3. [鍵を追加]、[新しい鍵を作成] の順にクリックします。
  4. [作成] をクリックします。JSON キーファイルがパソコンにダウンロードされます。
  5. [閉じる] をクリックします。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. サービス アカウントに権限を付与します。PROJECT_ID を実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role="roles/owner"
  3. キーファイルを生成します。FILE_NAME はキーファイルの名前に置き換えてください。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/service-account-file.json"

Windows

PowerShell の場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="KEY_PATH"

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\service-account-file.json"

コマンド プロンプトの場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=KEY_PATH

KEY_PATH をサービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに置き換えます。

Using the client library

The following example demonstrates some basic interactions with the BigQuery Connection API.

Go

To use this sample, prepare your machine for Go development, and complete the BigQuery Connection API quickstart. For more information, see the BigQuery Connection API Go API reference documentation.


// The bigquery_connection_quickstart application demonstrates basic usage of the
// BigQuery connection API.
package main

import (
	"bytes"
	"context"
	"flag"
	"fmt"
	"log"
	"time"

	connection "cloud.google.com/go/bigquery/connection/apiv1"
	"google.golang.org/api/iterator"
	connectionpb "google.golang.org/genproto/googleapis/cloud/bigquery/connection/v1"
)

func main() {

	// Define two command line flags for controlling the behavior of this quickstart.
	projectID := flag.String("project_id", "", "Cloud Project ID, used for session creation.")
	location := flag.String("location", "US", "BigQuery location used for interactions.")

	// Parse flags and do some minimal validation.
	flag.Parse()
	if *projectID == "" {
		log.Fatal("empty --project_id specified, please provide a valid project ID")
	}
	if *location == "" {
		log.Fatal("empty --location specified, please provide a valid location")
	}

	ctx := context.Background()
	connClient, err := connection.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("NewClient: %v", err)
	}
	defer connClient.Close()

	s, err := reportConnections(ctx, connClient, *projectID, *location)
	if err != nil {
		log.Fatalf("printCapacityCommitments: %v", err)
	}
	fmt.Println(s)
}

// reportConnections gathers basic information about existing connections in a given project and location.
func reportConnections(ctx context.Context, client *connection.Client, projectID, location string) (string, error) {
	var buf bytes.Buffer
	fmt.Fprintf(&buf, "Current connections defined in project %s in location %s:\n", projectID, location)

	req := &connectionpb.ListConnectionsRequest{
		Parent: fmt.Sprintf("projects/%s/locations/%s", projectID, location),
	}
	totalConnections := 0
	it := client.ListConnections(ctx, req)
	for {
		conn, err := it.Next()
		if err == iterator.Done {
			break
		}
		if err != nil {
			return "", err
		}
		fmt.Fprintf(&buf, "\tConnection %s was created %s\n", conn.GetName(), unixMillisToTime(conn.GetCreationTime()).Format(time.RFC822Z))
		totalConnections++
	}
	fmt.Fprintf(&buf, "\n%d connections processed.\n", totalConnections)
	return buf.String(), nil
}

// unixMillisToTime converts epoch-millisecond representations used by the API into a time.Time representation.
func unixMillisToTime(m int64) time.Time {
	if m == 0 {
		return time.Time{}
	}
	return time.Unix(0, m*1e6)
}

Java

Before trying this sample, follow the Java setup instructions in Setting Up a Java Development Environment. For more information, see the BigQuery Connection API Java API reference documentation.

import com.google.cloud.bigquery.connection.v1.ListConnectionsRequest;
import com.google.cloud.bigquery.connection.v1.LocationName;
import com.google.cloud.bigqueryconnection.v1.ConnectionServiceClient;
import java.io.IOException;

// Sample to demonstrates basic usage of the BigQuery connection API.
public class QuickstartSample {

  public static void main(String[] args) throws IOException {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String projectId = "MY_PROJECT_ID";
    String location = "MY_LOCATION";
    listConnections(projectId, location);
  }

  public static void listConnections(String projectId, String location) throws IOException {
    try (ConnectionServiceClient connectionServiceClient = ConnectionServiceClient.create()) {
      LocationName parent = LocationName.of(projectId, location);
      int pageSize = 10;
      ListConnectionsRequest request =
          ListConnectionsRequest.newBuilder()
              .setParent(parent.toString())
              .setPageSize(pageSize)
              .build();
      ConnectionServiceClient.ListConnectionsPagedResponse response =
          connectionServiceClient.listConnections(request);

      // Print the results.
      System.out.println("List of connections:");
      response
          .iterateAll()
          .forEach(connection -> System.out.println("Connection Name: " + connection.getName()));
    }
  }
}

Additional resources

What's next?

For more background, see Working with connections.