Cloud Console の使用

Google Cloud Console では、BigQuery リソースの作成と管理、SQL クエリの実行に使用できるグラフィカル インターフェースを利用できます。

Cloud Console の使用に関する実践的な概要については、Cloud Console のクイックスタートをご覧ください。

始める前に

Cloud Console を使用する前に、Google Cloud プロジェクトを作成または選択する必要があります。

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  3. 新しいプロジェクトでは、BigQuery が自動的に有効になります。既存のプロジェクトで BigQuery を有効にするには、 BigQuery API を有効にします。

    API を有効にする

    に移動します。
  4. クレジット カード情報の提供やプロジェクトに対する課金の有効化を行わない場合は、BigQuery によってサンドボックスが提供されます。このトピックの手順は、プロジェクトへの課金が有効かどうかに関係なく機能します。必要に応じて課金を有効にする場合は、課金を有効にする方法についてをご覧ください。

Cloud Console の BigQuery ページを開く

Cloud Console の [BigQuery] ページを開くには、次のようにします。

  1. Cloud Console を開きます。

    Cloud Console に移動

  2. ナビゲーション メニューで [BigQuery] をクリックします。

ブラウザに次の URL を入力して、[BigQuery] ページを直接開くこともできます。

https://console.cloud.google.com/bigquery

または、以下をクリックし、最近アクセスしたプロジェクトを使用して Cloud Console の [BigQuery] ページを直接開きます。

BigQuery ページに移動

Cloud Console の概要

次の図に示すように、Cloud Console は 3 つのメイン セクションから構成されています。

ナビゲーション メニュー、エクスプローラ パネル、詳細パネルが表示された Google Cloud Console のページ

ナビゲーション メニューには、表示可能な BigQuery リソースのリストが表示されます。

  • [SQL ワークスペース] セクションには、データセット、テーブル、ビュー、その他の BigQuery リソースが表示されます。ここで、クエリの作成と実行、テーブルとビューの操作、BigQuery ジョブ履歴の確認、その他の一般的な BigQuery タスクを行うことができます。

  • [データ転送] セクションには、BigQuery Data Transfer Service のページが表示されます。

  • [スケジュールされたクエリ] セクションには、スケジュールされたクエリが表示されます。

  • [予約] セクションには、スロットのコミットメント、予約、予約割り当てが表示されます。

  • [BI Engine] セクションには、BigQuery BI Engine ページが表示されます。

ナビゲーション メニューを縮小して、アイコンのみを表示するには、[BigQuery のナビゲーション メニューを非表示(視覚的な変更のみ)] をクリックします。この状態でメニューを開くには、メニューの上にポインタを置きます。メニューを展開してラベルを表示したままにするには、[BigQuery のナビゲーション メニューを表示(視覚的な変更のみ)] をクリックします。

エクスプローラ パネル

ナビゲーション メニューで [SQL ワークスペース] を選択すると、エクスプローラ パネルが表示されます。このパネルには、現在のプロジェクトと固定されたプロジェクトのリストが表示されます。プロジェクト内でアクセス権のあるデータセットを表示するには、プロジェクトを展開します。データセット内のテーブル、ビュー、関数を表示するには、データセットを展開します。

検索ボックスを使用して、名前(プロジェクト、データセット、テーブル、ビューの名前)またはラベルでリソースを検索できます。検索ボックスで検索を行うと、現在のプロジェクトと固定されたプロジェクトで完全に一致したリソースと部分一致のリソースが表示されます。

Data Catalog の検索とオートコンプリート(ベータ版)を使用するには、[Data Catalog の検索とオートコンプリートをお試しください] ダイアログで [有効にする] をクリックします。この機能を有効にすると、検索結果が [エクスプローラ] パネルに、オートコンプリートの結果が SQL クエリにオンデマンドで読み込まれます。リソースの数が多い場合、Data Catalog を使用すると Cloud Console のパフォーマンスが向上します。また、現在のプロジェクトや固定されたプロジェクト外のリソースを検索することもできます。

詳細パネル

詳細パネルには、BigQuery リソースに関する情報が表示されます。[エクスプローラ] パネルでデータセット、テーブル、ビュー、その他のリソースを選択すると、リソースに関する情報が詳細パネルに表示されます。これらのタブで、テーブルとビューの作成、テーブル スキーマの変更、データのエクスポート、その他の操作を行うことができます。

プロジェクトでの作業

BigQuery の作業はすべてプロジェクト内で行われます。このプロジェクトの名前は、ナビゲーション パネルにあるデータセット フィルタ ボックスの下に表示されます。また、ページの上部にあるプラットフォーム バーを使用して現在のプロジェクトを確認することもできます。

プラットフォーム バー

プロジェクトで行うすべての作業は、プロジェクトに関連付けられた請求先アカウントに課金されます。BigQuery の課金の詳細については、料金のページをご覧ください。

プロジェクトの切り替え

Cloud Console でプロジェクトを切り替えるには、次のようにします。

  1. ページ上部のプラットフォーム バーでプロジェクトをクリックします。

  2. プロジェクト ダイアログのリストからプロジェクトの名前をクリックします。これにより、Cloud Console に表示されているプロジェクトが選択したプロジェクトに置き換えられます。

プロジェクトの固定(追加)

Cloud Console でプロジェクトの追加または固定を行うことができます。固定されたプロジェクトは、[エクスプローラ] パネルに表示され、プロジェクト内のデータセットを参照できます。

オプション 1: プロジェクトを開いてから固定する

プロジェクトを開いた後に固定するには、次の手順を行います。

  1. 固定するプロジェクトに切り替えます。

  2. [エクスプローラ] パネルで、プロジェクト名を選択します。

  3. 次のいずれかの方法でプロジェクトを固定します。

    • プロジェクト名の横にあるピンのアイコン をクリックします。
    • 詳細パネルで、[プロジェクトを固定] をクリックします。

      プロジェクトを固定。

オプション 2: プロジェクトのリストから選択する

プロジェクトのリストからプロジェクトを固定するには、次の手順を行います。

  1. [エクスプローラ] パネルで、[データを追加] をクリックします。

  2. [プロジェクトを固定] をクリックします。

  3. ダイアログで、プロジェクトの名前をクリックします。

Cloud Console からプロジェクトを削除する

固定されたプロジェクトを削除するには、次の手順を行います。

  1. [エクスプローラ] パネルで、プロジェクト名を選択します。

  2. 次のいずれかの方法でプロジェクトの固定を解除します。

    • プロジェクト名の横にある Click to unpin をクリックします。
    • 詳細パネルで、[プロジェクトの固定を解除] をクリックします。

リソースの表示

[エクスプローラ] パネルに、現在のプロジェクトまたは固定されたプロジェクトで閲覧可能なデータセットのリストが表示されます。プロジェクトのデータセットを表示するには、プロジェクト名の横にある「ノードを展開します」アイコン をクリックします。データセット内のテーブル、ビュー、関数を表示するには、データセット名の横にある「ノードを展開します」アイコン をクリックします。

リソースに関する情報を表示するには、[エクスプローラ] パネルでリソースの名前をクリックします。選択したリソースが詳細パネルの新しいタブに表示されます。ここで、リソースの作成、削除、共有、更新などの操作を行うことができます。使用可能なアクションのセットは、リソースによって異なります。たとえば、次のスクリーンショットはテーブルのタブを示しています。

詳細パネルのタブに、テーブルの共有、コピー、削除のオプションが表示されています。

クエリを実行するには、詳細パネルで [クエリを新規作成] をクリックします。この操作を行うと、SQL クエリを入力できる新しい [エディタ] タブが開きます。クエリを実行するには、[実行] をクリックします。テーブルのクエリの詳細については、インタラクティブ クエリの実行をご覧ください。

タブの操作

リソースを選択するか [クエリを新規作成] をクリックすると、詳細パネルに新しいタブが表示されます。複数のタブを開いている場合は、タブを 2 つのペインに分割し、並べて表示できます。

タブを 2 つのペインに分割するには、次の操作を行います。

  1. タブの隅にある [メニューを開く] をクリックします。

  2. 選択したタブを左側のペインに配置するには、[タブを左に分割] を選択します。選択したタブを右側のペインに配置するには、[タブを右に分割] を選択します。

次の図は、SQL Explorer パネルで 2 つタブが開いている状態を表しています。1 つのタブには SQL クエリが表示され、もう一方のタブにはテーブルの詳細が表示されています。

2 つのタブが開いている SQL Explorer パネル。

タブを別のペインに移動するには、次の操作を行います。

  1. タブの隅にある [メニューを開く] アイコン をクリックします。

  2. [タブを右側ペインに移動] または [タブを左側ペインに移動] を選択します。

1 つを除くすべてのタブを閉じるには、次の操作を行います。

  1. タブの隅にある [メニューを開く] アイコン をクリックします。

  2. [他のタブを閉じる] を選択します。

ジョブ履歴とクエリ履歴の表示

詳細パネルから、ジョブとクエリの履歴を確認できます。クエリはジョブの一種のですが、クエリの履歴はジョブの履歴とは別に表示されるので、最近使用したクエリを簡単に見つけることができます。

ジョブ履歴、クエリ履歴、保存したクエリのタブ。

ジョブ履歴を表示するには、[ジョブ履歴] タブをクリックします。ジョブの詳細を表示するには、ジョブ履歴のリストでジョブを選択します。読み込みジョブを繰り返すには、ジョブを選択して、[読み込みジョブを繰り返す] をクリックします。

クエリ履歴を表示するには、[クエリ履歴] タブをクリックします。クエリの詳細を表示するには、クエリ履歴のリストからクエリを選択します。クエリを編集または再実行するには、クエリを選択して、[クエリをエディタで開く] をクリックします。

Cloud Console のジョブとクエリの履歴には、過去 6 か月間に行われたクエリの読み込み、エクスポート、コピー、送信などのジョブがすべて表示されます。(最大 1,000 エントリまで)。1,000 ジョブという上限は、全種類のジョブの累計の上限です。

キーボード ショートカット

Cloud Console では次のキーボード ショートカットがサポートされています。

キーの組み合わせ(Windows / Linux) キーの組み合わせ(Mac OS) 操作
Ctrl+Enter Cmd+Enter 現在のクエリを実行
Tab Tab 現在の単語をオートコンプリート
Ctrl Cmd テーブル名をハイライト表示
Ctrl+E Cmd+E 選択したクエリを実行
Ctrl+/ Cmd+/ 現在の行または選択した行にコメントを付ける

Cloud Console の例は、BigQuery ドキュメントの入門ガイドに多く記載されています。

Cloud Console を使用してデータを読み込み、クエリを実行する例については、Cloud Console を使用したクイックスタートをご覧ください。

次のステップ