Google Merchant Center の価格ベンチマーク テーブル スキーマ

価格ベンチマーク テーブルのスキーマ

BigQuery の価格ベンチマーク データにより、販売者は他の販売者が同じ商品をどのように価格設定しているかを把握できます。Google Merchant Center のレポートデータが BigQuery に転送される際、Products_PriceBenchmarks_ テーブルの形式で国と商品ごとに 1 日の価格ベンチマークが表示されます。

個々の販売者 ID を使用している場合、データは Products_PriceBenchmarks_merchant_id という名前のテーブルに書き込まれます。MCA アカウントを使用している場合は Products_PriceBenchmarks_aggregator_id にデータが書き込まれます。

Products_PriceBenchmarks テーブルのスキーマは次のとおりです。

BigQuery のデータ型 説明
product_id STRING 商品の Content API の REST ID。形式は channel:content_language:target_country:offer_id です。商品テーブル スキーマ での定義と同様です。
merchant_id INTEGER 販売アカウント ID
aggregator_id INTEGER マルチクライアント アカウントのアグリゲータ アカウント ID
country_of_sale STRING ユーザーが Google でクエリを実行した国
price_benchmark_value FLOAT ショッピング広告で同じ商品を宣伝している全販売者の、広告クリック数で重み付けした商品価格の平均値。商品は GTIN に基づいて照合されます。詳しくは、ヘルプセンターの記事をご覧ください。
price_benchmark_currency STRING ベンチマーク値の通貨
price_benchmark_timestamp DATETIME ベンチマークのタイムスタンプ