データのロケーションと転送

このページでは、データのロケーションのコンセプト、転送構成のロケーション、ソースデータのロケーション、ロケーションと転送の相互作用について説明します。

主な概念

ロケーションまたはリージョンのタイプ

ロケーションには、2 つの種類があります。

  • リージョンは、ロンドンなどの特定の地理的な場所となります。

  • マルチリージョンは、米国などの、2 つ以上の地理的な場所を含む広い地理的なエリアとなります。

データセットの場所

データセットの作成時に BigQuery データを保存するロケーションを指定します。データセットを作成した後、ロケーションを変更することはできませんが、データセットを別のロケーションにコピーするか、手動でデータセットを別のロケーションに移動(再作成)することができます。

BigQuery では、サービス固有の規約に従って、選択したロケーションにデータが保存されます。

ビジネスの移管

転送構成にはロケーションも含まれます。転送を設定するときに、宛先データセットが存在しない場合は、転送を構成する前に BigQuery で転送を作成する必要があります。転送構成自体は、宛先データセットで指定したロケーションと同じロケーションに自動的に設定されます。BigQuery Data Transfer Service では、宛先 BigQuery データセットと同じロケーションにあるデータが処理され、ステージングされます。

ソースデータのロケーション

BigQuery に転送したいソースデータにリージョンを設定することもできます。ソースデータが格納されるリージョンと BigQuery の宛先データセットのロケーションとの間には関係がない場合があります。他の種類の転送では、データセットとソースデータは同じリージョンの中に置く必要があります

コロケーションを必要とする転送では、ソースデータのリージョンと異なる、または互換性のないリージョンの転送先データセットへの転送を設定すると、構成エラーとなる場合があります。

転送に関するロケーションの考慮事項

コロケーションが不要の場合

BigQuery Data Transfer Service によって行われる次のタイプの転送はロケーション固有ではないため、BigQuery データセットのロケーションとは無関係です。

コロケーションが必要な場合

クラウド ストレージ

BigQuery への Cloud Storage からの転送では、Cloud Storage バケットと BigQuery 宛先データセットを同じロケーションに配置する必要があります。

データを転送するには Cloud Storage バケットを同じリージョンに配置します。
  • BigQuery データセットがマルチリージョン ロケーションにある場合、移行対象のデータが含まれている Cloud Storage バケットは、同じロケーションのリージョン バケットまたはマルチリージョン バケット内になければなりません。たとえば、BigQuery データセットが EU にある場合、Cloud Storage バケットは EU のリージョン バケットまたはマルチリージョン バケットに存在する必要があります。
  • データセットがリージョン ロケーションにある場合、Cloud Storage バケットは同じロケーションのリージョン バケットに存在する必要があります。たとえば、データセットが東京リージョンにある場合、Cloud Storage バケットは東京のリージョン バケットにある必要があります。
  • 例外: データセットが米国のマルチリージョン ロケーションにある場合、任意のリージョンまたはマルチリージョン ロケーションにある Cloud Storage バケットからデータを転送できます。

データ ウェアハウスの移行

Teradata からのデータ ウェアハウスの移行では、移行プロセスの一環として Cloud Storage バケットが必要になります。Cloud Storage バケットは、BigQuery 宛先データセットと同じロケーションに配置する必要があります。

Redshift データ ウェアハウスの移行では、同じロケーションに配置された Cloud Storage バケットは必要ありません。

サポートされるリージョン

リージョンのロケーション

リージョンの説明 リージョン名
南北アメリカ
ラスベガス us-west4
ロサンゼルス us-west2
モントリオール northamerica-northeast1
北バージニア us-east4
オレゴン us-west1
ソルトレイクシティ us-west3
サンパウロ southamerica-east1
サウスカロライナ us-east1
ヨーロッパ
ベルギー europe-west1
フィンランド europe-north1
フランクフルト europe-west3
ロンドン europe-west2
オランダ europe-west4
チューリッヒ europe-west6
アジア太平洋
香港 asia-east2
ジャカルタ asia-southeast2
ムンバイ asia-south1
大阪 asia-northeast2
ソウル asia-northeast3
シンガポール asia-southeast1
シドニー australia-southeast1
台湾 asia-east1
東京 asia-northeast1

マルチリージョン

マルチリージョンの説明 マルチリージョン名
欧州連合の加盟国内のデータセンター1 EU
米国内のデータセンター US

1 EU マルチリージョン内のデータは europe-west2(ロンドン)や europe-west6(チューリッヒ)のデータセンターには保存されません。

次のステップ