モデルの削除

このページでは、BigQuery ML モデルを削除する方法を説明します。以下の方法でモデルを削除できます。

  • GCP Console を使用する
  • コマンドライン ツールの bq rm コマンドや bq query コマンドを使用する
  • models.delete API メソッドを呼び出すか、jobs.query メソッドを呼び出す
  • クライアント ライブラリを使用する

現時点では、一度に 1 つのモデルしか削除できません。モデルを削除すると、モデル内のデータもすべて削除されます。

指定した期間の経過後にモデルを自動的に削除するには、CLI、API、クライアント ライブラリを使用してモデルを作成する際にモデルの有効期限を設定します。モデルの作成時に有効期限を設定しなかった場合は、更新することもできます。

モデル削除の制限

モデルの削除には、次の制限があります。

  • 複数のモデルを同時に削除することはできません。モデルは個別に削除してください。
  • モデルを削除すると、元に戻すことはできません。

必要な権限

データセット内のモデルを削除するするユーザーには、データセットに対する WRITER 役割が割り当てられているか、bigquery.models.delete 権限を含むプロジェクト レベルの IAM 役割が割り当てられている必要があります。プロジェクト レベルで bigquery.models.delete 権限が付与されている場合は、プロジェクト内の任意のデータセット内のモデルを削除できます。以下のプロジェクト レベルの IAM 役割には、bigquery.models.delete 権限が含まれています。

  • bigquery.dataEditor
  • bigquery.dataOwner
  • bigquery.admin

BigQuery ML での IAM 役割と権限の詳細については、アクセス制御をご覧ください。データセット レベルの役割の詳細については、BigQuery のドキュメントのデータセットの基本の役割をご覧ください。

モデルの削除

モデルの削除方法は次のとおりです。

Console

BigQuery ウェブ UI でモデルを削除するには、[モデルを削除] オプションを使用するか、DROP MODEL | DROP MODEL IF EXISTS DDL ステートメントを含むクエリを実行します。

オプション 1: [モデルを削除] オプションを使用する。

  1. GCP Console の BigQuery ウェブ UI に移動します。

    BigQuery ウェブ UI に移動

  2. ナビゲーション パネルの [リソース] セクションで、プロジェクト名とデータセット名を展開します。

  3. モデル名をクリックします。モデルにはモデルアイコン モデルアイコン がついています。

  4. ウィンドウの右側にある [モデルを削除] をクリックします。

  5. [モデルを削除しますか] ダイアログでモデルの名前を入力し、[削除] をクリックします。

オプション 2: DDL ステートメントを使用する

  1. BigQuery ウェブ UI に移動します。

    BigQuery ウェブ UI に移動

  2. [クエリを新規作成] をクリックします。

  3. [クエリエディタ] テキスト領域に DDL ステートメントを入力します。

     DROP MODEL mydataset.mymodel
     

  4. [実行] をクリックします。クエリが完了すると、モデルがナビゲーション パネルから削除されます。

CLI

次のように入力すると、bq コマンドライン ツールを使用してモデルを削除できます。

  • bq rm コマンドで --model または -m フラグを指定
  • bq query コマンドを使って、クエリ パラメータとして DDL ステートメントを指定

デフォルト プロジェクト以外のプロジェクトでモデルを削除する場合は、プロジェクト ID を [PROJECT_ID]:[DATASET].[MODEL] の形式でデータセットに追加します。

オプション 1: bq rm コマンドを入力する

bq rm コマンドを使用してモデルを削除する際には、アクションの確認が必要になります。--force フラグ(または -f ショートカット)を使用すると、確認をスキップできます。

bq rm -f --model [PROJECT_ID]:[DATASET].[MODEL]

各項目の説明は次のとおりです。

  • [PROJECT_ID] はプロジェクト ID です。
  • [DATASET] はデータセットの名前です。
  • [MODEL] は削除中のモデルの名前です。

rm コマンドは出力を生成しません。

例:

次のコマンドを入力すると、mydataset から mymodel が削除されます。mydataset はデフォルト プロジェクトにあります。

bq rm --model mydataset.mymodel

次のコマンドを入力すると、mydataset から mymodel が削除されます。mydatasetmyotherproject にあり、デフォルト プロジェクトにはありません。

bq rm --model myotherproject:mydataset.mymodel

次のコマンドを入力すると、mydataset から mymodel が削除されます。mydataset はデフォルト プロジェクトにあります。-f ショートカットが指定されているため、確認は省略されます。

bq rm -f --model mydataset.mymodel

モデルが削除されたことは bq ls コマンドを発行して確認できます。詳しくは、モデルの一覧表示をご覧ください。

オプション 2: bq query コマンドを入力する

bq query コマンドを使用してモデルを削除するには、query パラメータに DROP MODEL ステートメントを指定し、--use_legacy_sql=false フラグを使って標準の SQL クエリ構文を指定します

例:

次のコマンドを入力すると、mydataset から mymodel が削除されます。mydataset はデフォルト プロジェクトにあります。

bq query --use_legacy_sql=false 'DROP MODEL mydataset.mymodel'

次のコマンドを入力すると、mydataset から mymodel が削除されます。mydatasetmyotherproject にあり、デフォルト プロジェクトにはありません。

bq query --use_legacy_sql=false \
'DROP MODEL myotherproject:mydataset.mymodel'

API

オプション 1: models.delete メソッドを呼び出す

モデルを削除するには、models.delete メソッドを呼び出して projectIddatasetIdmodelId を指定します。

オプション 2: jobs.query メソッドを呼び出す

モデルを削除するには、jobs.query メソッドを呼び出して、リクエスト本体の query プロパティに DROP MODEL DDL ステートメントを指定します。

削除したモデルの復元

現在、削除されたモデルを元に戻すことはできません。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...