カスタマー エクスペリエンスの高速化を支援する Google Cloud データベースの最新イノベーションを紹介いたします。Next '21 にぜひご登録ください。

ジャンプ先

Oracle 向け Bare Metal Solution

Bare Metal Solution で Oracle ワークロードを Google Cloud に移行し、クラウド導入を最小限のリスクで素早く始められます。

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    最先端の認定インフラストラクチャ。さまざまなパフォーマンスのニーズに応えるように調整された精度を提供

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    クラスタ化データベース、レプリケーション、すべてのパフォーマンス機能などの Oracle 機能をデプロイする

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    2 ミリ秒未満のレイテンシで、すべての Google Cloud サービスをシームレスに利用

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    オンプレミスのライセンス、ランブック、データベース管理者、システム インテグレータを活用

  • action/check_circle_24px Sketch で作成。

    Google Cloud が提供する課金、サポート、SLA

利点

フルマネージドの認定データベース インフラストラクチャ

コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングなどのエンド ツー エンドのインフラストラクチャ管理。電源、冷却、スマートハンド サポート、設備など、データセンターの運用をフルマネージドし、モニタリングします。

最新のハードウェアを体験する

Intel Cascade Lake サーバー 上のワークロードを、業界最高レベルの DRAM 密度で統合します。最新の NVMe Tier-1 ストレージは、数十年にわたり過酷なワークロードに対応してきた業界での経験をもとに構成および調整されています。

Google Cloud のすべてのサービスが、1 ミリ秒先に

フルマネージドの低レイテンシのネットワークにより、Google Cloud のすべてのサービスが Oracle ワークロードにシームレスにアクセスできるようになります。数回クリックするだけで Oracle Data Guard をセットアップし、Cloud Storage 上に費用効率の高いバックアップ ストレージを作成できます。

主な機能

Oracle ワークロード向けの信頼性、安全性、パフォーマンスに優れたデータベース インフラストラクチャ

すべての Oracle の機能にシームレスにアクセス

Oracle データベースをオンプレミスと同じ方法で実行します。 HA 用の認定ハードウェアに Oracle Real Application Clusters(RAC)をインストールし、障害復旧には Oracle Data Guard、バックアップには Oracle Recovery Manager(RMAN)を使用します。Google Cloud のサービス カタログは、すべての Oracle の最大可用性アーキテクチャのテンプレートに類似したトポロジを提供します。Oracle ワークロードを適切な方法(Oracle Data Guard、Oracle GoldenGate、Oracle Data Pump、Oracle RMAN for backups など)で移行します。現在のハンドブックをすべて維持し、ランブック、データベース管理者チーム、システム インテグレータをサポートします。

サポートと課金機能の統合

初期レスポンスへの定義された SLA、インフラストラクチャの稼働時間と相互接続の可用性に関するエンタープライズ クラスの SLA、優先度 1(P1)と(P2)の問題への 24 時間年中無休での対応、Google Cloud と Oracle 向け Bare Metal Solution にまたがる統合した課金機能など、インフラストラクチャのサポートによりシームレスなエクスペリエンスを実現します。

業界トップクラスのデータ保護

ISO、PCI DSS、HIPAA などの業界の認定資格に加え、該当する場合は地域ごとの認証を取得して、厳格なコンプライアンス要件を満たします。コピーデータの管理とバックアップは Actifio が提供し、Oracle 向け Bare Metal Solution に完全に統合されています。

オペレーションを簡素化するツールとサービス

Google のオープンソースの Ansible ベース ツールキット、または Google Cloud の Oracle 向け Kubernetes オペレータを使用して、オペレーショナル データベース管理者の日常業務を自動化します。これらのツールを選択した既存の自動化フレームワークと統合できます。さらに、Google Cloud は、データベースとシステム管理のプロフェッショナル サービスを提供し、Oracle ワークロードの管理を支援します。

「Google Bare Metal Solution は、Oracle データベースから完全に脱するための架け橋となります。残りのプラットフォームをすべてクラウドに移行する自由が得られ、モダナイゼーションを加速化できます」

StubHub CTO、Austin Sheppard 氏
ブログを読む

ドキュメント

ドキュメント

Google Cloud の基礎
Bare Metal Solution のプランニング

Oracle 向け Bare Metal Solution を使ってみる。

クイックスタート
環境の設定

Oracle 環境向けの Bare Metal Solution の設定方法をご確認ください。

ベスト プラクティス
環境の維持

Bare Metal Solution 環境が稼働したら、このガイドの情報を使用して Bare Metal Solution サーバーのメンテナンスを行います。

チュートリアル
Bare Metal Solution のスタートガイド

こちらのポッドキャストを聴いて、Google Cloud での Bare Metal Solution の使い始め方を学べます。

ホワイトペーパー
Oracle の移行でデータベースに新しい命を吹き込む

クラウド導入のどの段階であっても、必要に応じて Oracle ワークロードを再ホスト、再プラットフォーム化、書き換えする方法を学習します。

ユースケース

Oracle 向け Bare Metal Solution のユースケース

ユースケース
データベース管理者の日常的な対応

すべてのツール、機能、オプションは、インフラストラクチャの管理を必要とせず、オンプレミス デプロイメントと同じように動作します。SQL*Plus クライアント、SQL*Developer/Toad、Oracle Enterprise Manager などを使用して、Oracle データベースに接続できます。SSH を使用して VPC の任意の仮想マシンから接続し、Oracle OS のプロセスとアラートログを表示します。 Oracle データベースに接続する Google サービスを使用して、新しいアプリケーションやマイクロサービスを作成します。

ユースケース
システム管理者の日常的な対応

ベアメタル サーバーへの root アクセス、シリアル コンソールのリダイレクト、API のリセット、OS ボリュームの日々の自動スナップショットなど、環境のデータベース ライフサイクル管理に役立つさまざまなツールが用意されています。Oracle 向け Bare Metal Solution は、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、Suse、Windows、Oracle Linux など主要なオペレーティング システムをすべてサポートしています。Google Cloud では、システム管理タスクに役立つプロフェッショナル サービスを提供しています。

すべての機能

Oracle 向け Bare Metal Solution を AWS と Azure の代替ソリューションと比較する

Oracle 向け Bare Metal Solution の機能とコストの利点について説明します。
影響

Oracle 向け Bare Metal Solution

AWS / Azure の仮想環境

柔軟性

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    すべてのバージョン、機能セット、データベース オプション、カスタマイズ(パッチセット)を引き続き実行する

  • ✕ Oracle データベースのオプションのサポートを最小限に抑える

コスト上のメリット

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    AWS / Azure と比較して Oracle のライセンス コストを最大 50% 削減

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    最小限の移行作業

  • Oracle では、AWS または Azure 内での実行のために CPU コアあたりのライセンス数を増やす必要がある

  • クラウド ストレージとハイパーバイザに合わせてデータベースを再調整する

最新のテクノロジー

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    Cascade Lake サーバー、Tier 1 NVMe ストレージ、100G ネットワーク、最大のコアとメモリの比率

  • シリコン テクノロジーの最新のイノベーションへの対応や、コアとメモリの比率の抑制、パフォーマンスの低下への対応が遅い

ビジネスの継続性

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    エンタープライズ クラスのデプロイメント プラットフォーム

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    Oracle RAC による高可用性

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    すべてのアプリケーションおよび Oracle バージョンで動作

  • check_circle_filled_black_24dp (1)

    ツールやベスト プラクティスの既存の投資をすべてそのまま活用できる

  • ✕ Oracle Real Application Clusters(RAC)のサポートを最小限に抑える

  • マネージド データベース サービスでは利用できないデータベース機能を利用するアプリケーションがある

  • 旧リリースの Oracle には対応していない可能性がある

  • ✕ ハンドブックやランブックを新たに作成する必要がある

料金

料金に関する情報

Bare Metal Solution for Oracle の料金モデルはサブスクリプション ベースです。サブスクリプション方式で最適なサイズのハードウェア構成をご利用いただけます。設備投資は必要ありません。将来のビジネスニーズの高まりに応じて容量を追加できます。詳細については、営業担当者にお問い合わせください。

パートナー

業界をリードする技術パートナーと提携し、Oracle ワークロードを Google Cloud に移行して管理しましょう。