Artifact Registry(ベータ版)

次世代の Container Registry です。ビルド アーティファクトを保存、管理、保護します。

Artifact Registry の概要のロゴ

あらゆるビルドのアーティファクト管理

Container Registry の進化形である Artifact Registry は、組織がコンテナ イメージと言語パッケージ(Maven や NPM など)を 1 か所で管理できる場所になりました。これは Google Cloud のツールとランタイムと完全に統合されており、ネイティブのアーティファクト プロトコルのサポートが付属します。これにより、CI / CD ツールと簡単に統合して自動化パイプラインを設定できるようになりました。

セキュアで優れた一貫性のロゴ

セキュアで優れた一貫性

セキュアでプライベートにビルドされたアーティファクト ストレージを Google Cloud 上に数分で設定できます。どのユーザーにアーティファクトのアクセス権限、表示権限、ダウンロード権限を与えるのかは、レジストリ ネイティブの IAM 役割と権限によって制御できます。Google のセキュアで信頼性の高いインフラストラクチャ上で、一貫性のある稼働時間を実現できます。

ビルドとデプロイを自動化するロゴ

ビルドとデプロイを自動化する

コードを Cloud Source Repositories、GitHub、Bitbucket に commit する際に、アーティファクトを自動でビルドしてプライベート リポジトリにアップロードします。Cloud Build への統合を使用して CI / CD パイプラインを簡単に設定したり、Google Kubernetes EngineApp EngineCloud Functions に直接デプロイしたりできます。

ネイティブのアーティファクトの形式をサポートのロゴ

ネイティブのアーティファクトの形式をサポート

特定の Google Cloud プロジェクトのもと、複数のリポジトリを作成できます。標準のコマンドライン インターフェースを使用して、Docker イメージ、Maven、npm パッケージを Artifact Registry のプライベート リポジトリから push および pull できますネイティブ ツールを使用して、リポジトリ内でアーティファクトを操作できます。

高いパフォーマンスと可用性のロゴ

高いパフォーマンスと可用性

世界中にリージョンのプライベート リポジトリを作成し、Google Cloud を利用できるあらゆる場所で、コンピューティング インスタンスの近くにアーティファクトを保存できます。Google の高パフォーマンスなグローバル ネットワークにアクセスして高速にワークロードを配信できます。

脆弱性スキャンの分析情報のロゴ

提供予定: 脆弱性スキャンの分析情報

Artifact Registry リポジトリに push されたコンテナ イメージ内の脆弱性を検出します。コンテナ イメージが安全にデプロイできることを確認できます。データベースは常に更新されているため、新種の脅威にも対応した脆弱性スキャンを実行できます。

リスクのあるイメージのデプロイを防止のロゴ

提供予定: リスクのあるイメージのデプロイを防止

Binary Authorization でデプロイ ポリシーを定義して、承認されたコンテナ イメージのみがデプロイされるようにできます。この自動チェックポイントを構成して、リスクのあるイメージが Google Kubernetes Engine にデプロイされないようにします。

特長

リージョン / マルチリージョンのリポジトリ

リージョン / マルチリージョンのリポジトリのコンテナ イメージとパッケージを管理できます。

Google Cloud プロジェクトあたり複数のリポジトリ

単一の Google Cloud プロジェクトのもと、複数のリポジトリを作成できます。

細かな権限を持つリポジトリ ネイティブの IAM

リポジトリの操作に基づいてアクセスを細かく制御できます。

技術リソース

料金

Artifact Registry では、お客様のアーティファクト リポジトリによって使用されたストレージとネットワーク(下り)に対して料金が発生します。詳しくは料金ページをご覧ください。

次のステップに進む

$300 分の無料クレジットと 20 種類以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用

このプロダクトはベータ版です。 プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。