Apache Beam スキーマを使用して構造化データを処理する

構造化データの処理を簡単にするため、Apache Beam スキーマを使用することをおすすめします。

オブジェクトをに変換すると、非常にクリーンな Java コードが生成されます。これにより、有向非巡回グラフ(DAG)の作成を構築できます。メソッドを呼び出すことなく、作成したアナリティクス ステートメント内のフィールドとしてオブジェクト プロパティを参照することもできます。

CountViewsPerProduct.java