Transport クラス

Transport は、Protocol RPC トランスポートを実装する基本クラスです。トランスポートを使用すると、HTTP 上でメッセージを送受信できます。

このメソッドは、トランスポートの設定済みプロトコルで判断されたエンコード済みの応答を受信します。トランスポートでは、RPC 応答を設定するか、例外を発生させてから終了する必要があります。

注: 非同期トランスポートはサポートされていません。

Transport は、protorpc.transport モジュールによって提供されます。

コンストラクタ

class Transport (protocol=protobuf)

Transport オブジェクトをインスタンス化します。

引数

protocol=protobuf
プロトコルの実装。encode_message()decode_message() を実装する必要があります。これらは、protorpc.protojsonprotorpc.protobufprotorpc.protojson などのその他のプロトコルで使用できます。

クラスのプロパティ

Transport クラスには次のプロパティがあります:

protocol()
トランスポートに関連付けられるプロトコルです。

インスタンス メソッド

Transport のインスタンスには次のメソッドがあります:

send_rpc(remote_info, request)
トランスポート上での RPC の送信を開始します。

引数

remote_info
リモート メソッドに関連付けられたリモート情報オブジェクト。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境