Variant クラス

protobuf 転送形式では、Variant クラスを使用して単一のデータを転送する方法を判断します。他の形式で使用する場合もあります。詳しくは、プロトコル バッファ エンコードをご覧ください。

Variant は、protorpc.messages モジュールで提供されます。

Variant には次の値があります:

BOOL
ブール値(True または False)
BYTES
8 ビット バイトの文字列。
DOUBLE
64 ビット浮動小数点数。
ENUM
列挙値(整数)。
FLOAT
32 ビット浮動小数点数。
INT32
32 ビット符号付き整数。
INT64
64 ビット符号付き整数。
MESSAGE
バイト文字列としての埋め込みメッセージ。
SINT32
32 ビット符号付き整数。ジグザグ エンコーディングを使用します。
SINT64
64 ビット符号付き整数。ジグザグ エンコーディングを使用します。
STRING
UTF-8 でエンコードされたテキストの文字列。
UINT32
32 ビット符号なし整数。
UINT64
64 ビット符号なし整数。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python 2 の App Engine スタンダード環境