Python 2 は、コミュニティによるサポートを終了しました。Python 2 アプリを Python 3 に移行することをおすすめします。

タスクとキューの削除

このページでは、タスクを push キューから削除する方法と、キューを削除する方法を説明します。場合によっては、何回再試行しても正常に完了できないタスクの削除が必要になることがあります。

タスクをキューから削除する

API

タスクを個別に削除するには、delete_tasks() を使用します。

from google.appengine.api import taskqueue

# Delete an individual task...
q = taskqueue.Queue('queue1')
q.delete_tasks(taskqueue.Task(name='foo'))

Console

Cloud Console からタスクを削除するには:

  1. Console で [タスクキュー] ページを開きます。

    [タスクキュー] ページに移動

  2. タスクを削除するキューの名前をクリックします。

  3. 削除するタスクを選択して [選択したタスクを削除] をクリックします。

    [選択したタスクを削除] ボタンは、ページ右上のアクション リストの最後にあります。

  4. [削除] をクリックします。

特定のキューのタスクをすべてパージする

API

purge() を使用して、指定したキューからすべてのタスクを削除します。

from google.appengine.api import taskqueue

# Purge entire queue...
q = taskqueue.Queue('queue1')
q.purge()

Console

Cloud Console からタスクを削除するには:

  1. Console で [タスクキュー] ページを開きます。

    [タスクキュー] ページに移動

  2. タスクを削除するキューの名前をクリックします。

  3. 削除するタスクを選択して [すべてのタスクを削除] をクリックします。

    [すべてのタスクを削除] ボタンをクリックすると、そのキューのタスクがすべてパージされます。

  4. [削除] をクリックします。

パージの時点より前に作成されたすべてのタスクが消去されます。パージ オペレーションは、有効になるまでに最大で 1 分かかります。

キューのパージによって解放された割り当てを実際に使用できるようになるのに、数時間かかることもあります。

キューを無効にする

キューの無効化または一時停止を行うには、queue.yaml ファイルからキューの定義を削除し、編集後の queue.yaml ファイルをアップロードします。

queue.yaml ファイルからキューを削除し、そのファイルをアップロードしてキューを無効にすると、そのキューは「無効」に設定され、レートが 0 に設定されます。そのキューに残っているタスクや新規追加されたタスクは処理されません。無効にしたキューをもう一度有効にするには、そのキューを定義した新しい queue.yaml ファイルをアップロードします。無効なキューは引き続き割り当ての一部としてカウントされます。

また、Cloud Console の [タスクキュー] ページでもキューを一時停止できます。

キューを削除する

キューを削除するには、まずキューを無効にする必要があります。

  1. queue.yaml ファイルからキューの定義を削除します。

  2. 変更した queue.yaml ファイルをアップロードします。

    gcloud app deploy queue.yaml
    

    キューが無効になったら、Cloud Console を使用してキューを削除します。

    1. Cloud Console でキューを選択します。

      [タスクキュー] ページに移動

    2. [キューを削除] をクリックします。

    Cloud Console からキューを削除した後に同じ名前で再び作成する場合は、その前に 7 日間待機する必要があります。