google.appengine.ext.bulkload.csv_connector モジュール

概要

バルクローダー CSV の読み取りおよび書き込み。

bulkloader.yaml ファイルで指定された CSV 形式を処理します。

内容

class google.appengine.ext.bulkload.csv_connector.CsvConnector(columns, column_list, skip_import_header_row, print_export_header_row, csv_encoding=None, import_options=None, export_options=None) ソース

ベース: google.appengine.ext.bulkload.connector_interface.ConnectorInterface

CSV ファイル(エンコードされているファイル)の読み書きを行います。

classmethod create_from_options(options, name) ソース

オプションのディクショナリを使用しているファクトリ。

パラメータ
  • options –

    オプションのディクショナリ: 列: ‘from_header’ または空白 column_list: 列をオーバーライドします。 encoding: ファイルのエンコード。例: utf-8(デフォルト)、windows-1252 skip_import_header_row: インポート時にヘッダー行を無視する場合は True

    デフォルトは False です。ただし、columns = from_header の場合は True です。

    print_export_header_row: エクスポート時にヘッダー行を出力する場合は True

    columns=from_header の場合を除き、デフォルトは False です。

    import_options: その他のキーワード引数。例: dialect export_options: その他のキーワード引数。例: dialect

  • name – この変換の名前。エラー メッセージで使用されます。

戻り値

指定したオプションで表される CsvConnector オブジェクト

発生するエラー

InvalidConfiguration – 構成が無効な場合。

finalize_export() ソース
generate_import_record(filename, bulkload_state) ソース

生成ツールは、オプションで説明されているように、見つかったノードのディクショナリを生成します。

パラメータ
  • filename – 読み込むファイル名

  • bulkload_state – 渡された bulkload_state

結果

中間ディクショナリ。CSV ファイルで 1 行に 1 個ずつ出力されます。

initialize_export(filename, bulkload_state) ソース

出力ファイルを初期化します。

パラメータ
  • filename – 書き込み先のファイル名

  • bulkload_state – 渡された bulkload_state

write_dict(dictionary) ソース

指定したエンティティのレコードを 1 つ書き込みます。

class google.appengine.ext.bulkload.csv_connector.UnicodeDictWriter(stream, fieldnames, encoding='utf-8', **kwds) ソース

ベース: オブジェクト

http://docs.python.org/library/csv.html の UnicodeWriter をベースにします。

writerow(row) ソース

writerow メソッドをラップします。

google.appengine.ext.bulkload.csv_connector.utf8_recoder(stream, encoding) ソース

エンコードされたストリームを読み取り、UTF-8 に再エンコードするジェネレータ。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境