google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser モジュール

概要

バルクローダー構成パーサーおよびランナー。

バルクローダー yaml 構成を読み込むライブラリ。オブジェクト フォームの bulkloader.yaml を記述する BulkloaderEntry オブジェクトを返します。これには、Python lambdas などの追加の解析も含まれます。

内容

クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.BulkloaderEntry(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

バルクローダー構成のルート。

ATTRIBUTES = {'transformers': <google.appengine.api.validation.Repeated object>, 'python_preamble': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.ConnectorOptions(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

コネクタ オプション。

ATTRIBUTES = {'xpath_to_nodes': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'template': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'encoding': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'skip_import_header_row': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'epilog': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'style': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'import_options': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'print_export_header_row': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'mode': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'column_list': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'export_options': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'columns': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'prolog': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
CheckInitialized() ソース

「validation」のポストロード。実際には、yaml の乱雑さを修正するために使用されています。

クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.ConnectorSubOptions(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

コネクタ オプション。

ATTRIBUTES = {'dialect': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'delimiter': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.EvaluatedCallable ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validator

文字列が Python 呼び出し可能と評価されるかどうかを検証します。

検証時に eval を呼び出し、その結果を ParsedMethod オブジェクトとして保存します。ParsedMethod オブジェクトは、文字列(元の値)または呼び出し可能(解析されたメソッド)として使用できます。また、呼び出し可能に「bulkload_state」という kwarg がある場合は、supports_bulkload_state が公開されます。これは *_transform メソッドの呼び出し方法を決定するために使用されます。

クラス ParsedMethod(value, key) ソース

ベース: オブジェクト

文字列、評価されたメソッド、および supports_bulkload_state をラップします。

ToValue(value) ソース

この値のコード文字列を返します。

Validate(value, key) ソース

文字列が Python 呼び出し可能としてコンパイルされるかどうかを検証します。

パラメータ
  • value – 正規表現としてコンパイルする文字列。

  • key – YAML フィールド名。

戻り値

プロパティ「value」と「fn」があるオブジェクトにラップされた値。

発生

値がコンパイルされない場合の InvalidCodeInConfiguration。

クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.ExportEntry(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

単一のプロパティのオプションのエクスポート変換について説明します。

ATTRIBUTES = {'external_name': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'export_transform': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.PropertyEntry(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

単一のプロパティの変換について説明します。

ATTRIBUTES = {'default_value': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'export': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'import_template': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'external_name': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'import_transform': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'property': <google.appengine.api.validation.Type object>, 'export_transform': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
CheckInitialized() ソース

すべての必須フィールド(組み合わせ)が設定されていることを確認します。

また、計算されたプロパティを入力します。

発生

InvalidConfiguration – 構成が無効な場合。

クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.PythonPreambleEntry(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

初期化時にインポートする Python モジュール(通常はモデル)。

ATTRIBUTES = {'import': <google.appengine.api.validation.Type object>, 'as': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
CheckInitialized() ソース

すべての必須フィールドが設定されていることを確認し、グローバル状態を更新します。

プリアンブルで指定されたインポートは、この時点でインポートされます。

クラス google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.TransformerEntry(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

エンティティ(またはモデル)の種類の変換について説明します。

ATTRIBUTES = {'connector': <google.appengine.api.validation.Type object>, 'kind': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'sort_key_from_entity': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'name': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'connector_options': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'property_map': <google.appengine.api.validation.Repeated object>, 'model': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'post_export_function': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'post_import_function': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'use_model_on_export': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
CheckInitialized() ソース

すべての必須フィールド(組み合わせ)が設定されていることを確認します。

また、計算されたプロパティを入力します。

発生

InvalidConfiguration – 構成が無効な場合。

google.appengine.ext.bulkload.bulkloader_parser.load_config(stream, config_globals) ソース

構成ファイルを読み込み、インポーターとエクスポーターのクラスを生成します。

パラメータ
  • stream – 構成 YAML が含まれるストリーム。

  • config_globals – 構成内のコード用のグローバルを参照するために使用するディクショナリ。

戻り値

BulkloaderEntry

発生

InvalidConfiguration – 構成が無効な場合。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境