google.appengine.ext.builtins パッケージ

概要

すべての組み込みハンドラ情報のレポジトリ。

初期化時に、このファイルにより app.yaml 情報が関連付けられた組み込みハンドラのリストが生成されます。このファイルを呼び出して、その情報を読み取り、利用可能にすることができます。

内容

exception google.appengine.ext.builtins.InvalidBuiltinNameソース

ベース: exceptions.Exception

見つからない組み込みハンドラ名が指定されている場合に発生します。

google.appengine.ext.builtins.get_yaml_basepath()ソース

組み込みハンドラが格納されているディレクトリのフルパスを返します。

google.appengine.ext.builtins.get_yaml_path(builtin_name, runtime='')ソース

組み込みモジュールの名前を渡すことによって、yaml ファイルへのフルパスを返します。

パラメータ
  • builtin_name - 組み込みハンドラの 1 つの単語での名前

  • runtime - ランタイムの名前

発生

ValueError - ハンドラが予想されるディレクトリに存在しない場合

戻り値

有効な組み込みハンドラの include.yaml ファイルへの絶対パス

google.appengine.ext.builtins.reset_builtins_dir()ソース

組み込みハンドラのディレクトリをデフォルトにリセットするパブリック メソッド。

google.appengine.ext.builtins.set_builtins_dir(path)ソース

テストのための適切なパスを設定し、モジュールを再初期化します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境