google.appengine.ext.admin パッケージ

概要

dev_appserver で使用するシンプルなデータストア ビューおよび対話型コンソール。

内容

class google.appengine.ext.admin.BackendsPageHandler(*args, **kwargs)ソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

アプリのバックエンドに関する情報を表示します。

PATH = '/backends'
get()ソース

アプリのバックエンドまたは単一のバックエンドを表示するテンプレートを表示します。

get_backend_entry(backend_name)ソース

単一のバックエンドの BackendEntry を取得します。

post()ソース
render_backend_page(backend_name)ソース

単一のバックエンドを表示するテンプレートを表示します。

render_backends_page()ソース

すべてのアプリのバックエンドを表示するテンプレートを表示します。

class google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.webapp._webapp25.RequestHandler

共通のテンプレート生成関数を提供します。

generate() を呼び出すと、現在のユーザーに提供されているテンプレート変数が「user」変数に、現在の webapp リクエストが「request」変数に追加されます。

base_path()ソース

この管理アプリのベースパスを返します。このパスはユーザーが選択します。

ユーザーは app.cfg でこのアプリケーションにマッピングするパスを指定します。この方法でそのベースパスを取得できます。クラスで指定された定数パスと組み合わせて URL を構築します。

filter_url(args)ソース

指定された引数リストのみが表示されるように現在の URL をフィルタリングします。

たとえば、URL が /search?q=foo&num=100&start=10 の場合は、次のようになります。

self.filter_url([‘start’, ‘num’]) => /search?num=100&start=10 self.filter_url([‘q’]) => /search?q=10 self.filter_url([‘random’]) => /search?

generate(template_name, template_values={})ソース
in_production()ソース

アプリが本番環境で動作しているかどうかを検出します。

ブール値を返します。

interactive_console_enabled()ソース
class google.appengine.ext.admin.BlobKeyTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.BlobTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

format(value)ソース
input_field(name, value, sample_values)ソース
name()ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.BoolTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

input_field(name, value, sample_values)ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.ByteStringTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

format(value)ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.CategoryTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.CronPageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

このアプリケーションで構成された cron ジョブに関する情報を表示します。

PATH = '/cron'
get(now=None)ソース

構成された cron ジョブを表示するテンプレートを表示します。

class google.appengine.ext.admin.DataTypeソース

ベース: object

DataType は、データストア内のデータ型を表します。

各 DataType サブタイプは、4 つのメソッドを定義します。

format: データストア値のフォーマットされた文字列を返します。input_field: この DataType の文字列の HTML <input> 要素を返します。name: この DataType のわかりやすい文字列名。parse: この DataType のフォーマットされた文字列表現を解析します。python_type: このデータストア型の正規化された Python 型。

DataType インスタンスを使用して、フォーマットされた値を結果リストに表示し、input_field / format / parse を使用してフォームを生成し、これらのフォームの結果を解析してエンティティの編集を可能にします。

additional_short_value_html(unused_value)ソース
format(value)ソース
static get(value)ソース
static get_by_name(name)ソース
input_field(name, value, sample_values)ソース
input_field_size()ソース
short_format(value)ソース
class google.appengine.ext.admin.DatastoreAdminHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

データストア管理ハンドラを iframe に読み込みます。

PATH = '/datastore_admin'
get()ソース
class google.appengine.ext.admin.DatastoreBatchEditHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DatastoreRequestHandler

エンティティに対するバッチ オペレーションのリクエスト ハンドラ。

キーで複数のエンティティを削除し、別の URL にリダイレクトする機能をサポートしています。

PATH = '/datastore/batchedit'
post()ソース
class google.appengine.ext.admin.DatastoreEditHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DatastoreRequestHandler

エンティティの作成または編集のフォームのリクエスト ハンドラ。

エンティティの種類に対するクエリを行い、結果セットのキーとその型のセットを調べることによって、エンティティを編集するフォームを生成する方法を決定します。これらのイントロスペクションが行われた型の DataType サブクラスを使用してフォームを生成し、フォームの結果を解析します。

PATH = '/datastore/edit'
get()ソース
post()ソース
class google.appengine.ext.admin.DatastoreGetIndexesHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

インデックスを表示するメイン リクエスト ハンドラ

PATH = '/datastore_indexes'
get()ソース
class google.appengine.ext.admin.DatastoreQueryHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DatastoreRequestHandler

クエリを行ってエンティティをリストするメイン リクエスト ハンドラ。

ベース リクエスト ハンドラで execute_query() を使用して URL 引数を解析し、データストア クエリを実行します。

PATH = '/datastore'
get()ソース

datastore.html の execute_query() の結果をフォーマットします。

そのプロセスの唯一の複雑な部分は、ページ下部の Gooooogle ページャを生成するページャ変数を計算することです。

get_kinds(namespace)ソース

データストアが認識している種類名の並べ替えられたリストを取得します。

メタデータ クエリは負荷が大きく、キャッシュが行われないため、これは開発環境でのみ呼び出す必要があります。

パラメータ

namespace - 「google.com」などのスキーマを取得するための名前空間。None を渡すとエラーになります。

戻り値

種類の並べ替えられたリスト。たとえば、[‘Book’, ‘Guest’, Post’](utf-8 でエンコードされたもの)などです。

class google.appengine.ext.admin.DatastoreRequestHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

データストア管理ページのベース リクエスト ハンドラ。

データストアをクエリしてエンティティ プロパティの型を推定するユーティリティ関数が提供されています。

execute_query(start=0, num=0, no_order=False)ソース

URL 引数を解析し、クエリを実行します。

パラメータ
  • start - クエリからスキップされる結果リストの先頭からのエンティティ数。

  • num - 返されるエンティティの数。0(デフォルト)の場合は適切なデフォルトが選択されます。

戻り値

タプル(エンティティのリスト、エンティティ総数)。不適切な URL 引数が指定された場合は、空の結果セットと 0 のエンティティ数を返します。

get_key_values(entities)ソース

指定されたエンティティのリストで使用されるキー名の結合を返します。

キー名のエンティティの 1 つからのサンプル値にキー名をマッピングする辞書として結合を返します。

num()ソース

URL からのサニタイズされた「num」引数を返します。

redirect_with_message(message)ソース

「次の」URL にリダイレクトして、msg パラメータとして追加されたメッセージが表示されます。

start()ソース

URL からのサニタイズされた「start」引数を返します。

class google.appengine.ext.admin.DatastoreStatsHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

データストアの統計情報のコンピューティングを可能にします。

PATH = '/datastore_stats'
generate_stats(_app=None)ソース

データストアの統計情報を生成します。

get()ソース

データストアの統計情報のジェネレータ ボタンを表示します。

post()ソース
class google.appengine.ext.admin.DefaultPageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

デフォルトでデータストア アプリケーションにリダイレクトします。

PATH = '/'
get()ソース
class google.appengine.ext.admin.Document(doc_id)ソース

ベース: object

ドキュメントのシンプルな表現。

class google.appengine.ext.admin.EmailTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.EmbeddedEntityTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BlobType

name()ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.FloatTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.NumberType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.GeoPtTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.ImTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.ImageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.webapp._webapp25.RequestHandler

静止画像を提供します。

これは、管理ツールで使用される画像リソース用の静的ファイル ハンドラを指定するユーザーの負担を回避するために存在します。

PATH = '/images/.*'
get()ソース
class google.appengine.ext.admin.InboundMailPageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

メール リクエストをテストします。

PATH = '/inboundmail'
get()ソース

受信メールフォームを表示するテンプレートを表示します。

class google.appengine.ext.admin.IntTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.NumberType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.InteractiveExecuteHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

このコンテキスト内の POST で送信された Python コードを実行します。

当然ながら、これを使用できるのはアプリケーションの管理者のみにする必要があります。

PATH = '/interactive/execute'
post()ソース
class google.appengine.ext.admin.InteractivePageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

インタラクティブ コンソールの HTML を表示します。

PATH = '/interactive'
get()ソース
class google.appengine.ext.admin.LinkTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.ListTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

format(value)ソース
input_field(name, value, sample_values)ソース
name()ソース
python_type()ソース
short_format(value)ソース
short_format_orig(value)ソース
utf8_short_format(value)ソース
class google.appengine.ext.admin.LongTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.NumberType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.MemcachePageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

Memcache とクエリフォームに関する統計情報を表示して、値を取得します。

DEFAULT_TYPESTR_FOR_NEW = 'String'
PATH = '/memcache'
TYPES = ((<type 'str'>, <type 'str'>, 'String'), (<type 'unicode'>, <type 'unicode'>, 'Unicode String'), (<type 'bool'>, <function <lambda>>, 'Boolean'), (<type 'int'>, <type 'int'>, 'Integer'), (<type 'long'>, <type 'long'>, 'Long Integer'), (<type 'float'>, <type 'float'>, 'Float'))
get()ソース

テンプレートを表示し、統計情報と Key-Value の表示または編集を準備します。

post()ソース
class google.appengine.ext.admin.NoneTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

format(value)ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.NumberTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

input_field_size()ソース
class google.appengine.ext.admin.PhoneNumberTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.PostalAddressTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
google.appengine.ext.admin.PseudoBreadcrumbs(key)ソース

キープロパティについてのパンくずリストのような文字列を返します。

パラメータ

key - datastore_types.Key オブジェクト。

戻り値

パンくずリストのような文字列。

class google.appengine.ext.admin.QueueBatch(title, run_manually, rate_limited, contents)ソース

ベース: object

push キューまたは pull キューのコレクション。

class google.appengine.ext.admin.QueuesPageHandler(*args, **kwargs)ソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

構成済み(およびデフォルト)のタスクキューに関する情報を表示します。

PATH = '/queues'
get()ソース

構成されたタスクキューを表示するテンプレートを表示します。

post()ソース
class google.appengine.ext.admin.RatingTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.NumberType

name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.ReferenceTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

additional_short_value_html(value)ソース
input_field(name, value, sample_values)ソース
input_field_size()ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
short_format(value)ソース
class google.appengine.ext.admin.SearchBatchDeleteHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

FTS バッチ削除ハンドラ。

PATH = '/search_batch_delete'
post()ソース
class google.appengine.ext.admin.SearchDocumentHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

FTS ドキュメント情報。

PATH = '/search_document'
get()ソース

FTS ドキュメントを表示します。

class google.appengine.ext.admin.SearchIndexHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

FTS インデックス情報。

PATH = '/search_index'
get()ソース

FTS インデックスでドキュメントを表示します。

class google.appengine.ext.admin.SearchIndexesListHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

インデックスのリストを含む FTS のメインページ。

PATH = '/search'
get()ソース

FTS インデックスのリストを表示します。

class google.appengine.ext.admin.StringTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

format(value)ソース
input_field(name, value, sample_values)ソース
input_field_size()ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.TaskQueueHelperソース

ベース: object

Taskqueue rpc ラッパー。

delete_task(queue_name, task_name)ソース

名前付きタスクを削除します。

パラメータ
  • queue_name - キューの名前。

  • task_name - タスクの名前。

get_number_tasks_in_queue(queue_name)ソース

名前付きキュー内のタスクの数を返します。

パラメータ

queue_name - キューの名前。

戻り値

キュー内のタスクの数。

get_queues(now)ソース

アプリケーションのキューのリストを取得します。

パラメータ

now - 現在の時刻。utc タイムゾーンを持つ datetime.datetime オブジェクト。

戻り値

このアプリケーションのタスクに対応するキュー辞書のリスト。

get_tasks(now, queue_name, start_eta_usec, start_task_name, num_tasks)ソース

taskqueue から、指定されたタスクを取得します。

注: これは eta によってのみ検索されます。

パラメータ
  • now - 現在の時刻。これは、EtaFromNow を計算するために使用されます。utc タイムゾーンの datetime.datetime である必要があります。

  • queue_name - タスクを検索するキュー。

  • start_eta_usec - 返される最も古い eta。

  • start_task_name - 同じ eta_usec を持つタスクの場合に、これがタイブレーカーとして使用されます。

  • num_tasks - 返されるタスクの最大数。

戻り値

タスク辞書のリスト(

taskqueue_stub.QueryTasksResponseToDict で返されるもの)。

purge_queue(queue_name)ソース

名前付きキューをパージします。

パラメータ

queue_name - キューの名前。

class google.appengine.ext.admin.TasksPageHandler(*args, **kwargs)ソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

キューのタスクに関する情報を表示します。

MAX_TASKS_TO_FETCH = 1000
MIN_TASKS_TO_FETCH = 200
PAGE_SIZE = 20
PATH = '/tasks'
generate_page_dicts(start_tasks, end_tasks)ソース

タスクのリストからページ辞書を生成します。

パラメータ

tasks - eta で並べ替えられたタスク辞書のリスト。

戻り値

‘start_name’、‘start_eta’、‘number’、‘has_gap’。

戻り値の型

次のキーを含むページ辞書のリスト

get()ソース

キューのタスクを表示するテンプレートを表示します。

parse_arguments()ソース

リクエストに渡された引数を解析し、それ自体に格納します。

post()ソース
redirect_to_tasks(keep_offset=True)ソース

タスクページへのリダイレクトを実行します。

パラメータ

keep_offset - true の場合、‘start_eta’、‘start_name’、‘page_no’ のフィールドは保持されます。

class google.appengine.ext.admin.TextTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.StringType

input_field(name, value, sample_values)ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.TimeTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

format(value)ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
google.appengine.ext.admin.TruncateValue(value)ソース

潜在的に非常に長い文字列を、固定された最大長まで切り詰めます。

class google.appengine.ext.admin.UserTypeソース

ベース: google.appengine.ext.admin.DataType

input_field_size()ソース
name()ソース
parse(value)ソース
python_type()ソース
class google.appengine.ext.admin.XMPPPageHandlerソース

ベース: google.appengine.ext.admin.BaseRequestHandler

XMPP リクエストをテストします。

PATH = '/xmpp'
get()ソース

XMPP を表示するテンプレートを表示します。

google.appengine.ext.admin.get_xsrf_token()ソース

XSRF トークンを返します。

これはデータストアから読み取られます。データストアにトークンが存在しない場合は、ランダム トークンを作成して挿入します。

google.appengine.ext.admin.main()ソース
google.appengine.ext.admin.urepr(value)ソース

repr() と似ていますが、UTF-8 は Unicode をリスト内でエンコードします。

google.appengine.ext.admin.ustr(value)ソース

str() と似ていますが、UTF-8 は失敗する代わりに Unicode をエンコードします。

google.appengine.ext.admin.xsrf_required(method)ソース

post() ハンドラを XSRF 攻撃から保護するためのデコレータ。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境