google.appengine.api.quota モジュール

概要

このアプリケーションのクォータ使用量にアクセスします。

内容

google.appengine.api.quota.MCYCLES_PER_SECOND = 1200.0ソース

メガサイクルから CPU 秒数に変換。1.2GHz の 64 ビット x86 CPU を使用して変換します。

google.appengine.api.quota.cpu_seconds_to_megacycles(cpu_secs)ソース

入力値を CPU 秒数単位でメガサイクルに変換します。

入力の CPU 秒数値から変換されたメガサイクル数を表す整数を返します。

google.appengine.api.quota.get_request_api_cpu_usage()ソース

現在のリクエスト中に API 呼び出しによってこれまでに使用された CPU の量を取得します。

現在のリクエストの API 呼び出しによってこれまでに使用されていたメガサイクル数を返します。リクエスト自体のコードによって使用される CPU は含まれません。

dev_appserver で使用しても何も実行されません。

google.appengine.api.quota.get_request_cpu_usage()ソース

現在のリクエストに対してこれまでに使用された CPU の量を取得します。

現在のリクエストに対してこれまでに使用されたメガサイクル数を返します。API 呼び出しで使用される CPU は含まれません。

dev_appserver で使用しても何も実行されません。

google.appengine.api.quota.megacycles_to_cpu_seconds(mcycles)ソース

入力値をメガサイクルから CPU 秒数に変換します。

入力のメガサイクル値から変換された CPU 秒数を表す double 値を返します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境