google.appengine.api.queueinfo モジュール

概要

QueueInfo ツール。

QueueInfo は、アプリケーションのタスクキュー エントリを記述して、QueueInfo レコードを処理するためのライブラリです。QueueInfo は queue.yaml からレコードを読み込みます。queue.yaml で指定できるパラメータの詳細については、queue.yaml リファレンス ガイドをご覧ください。

内容

class google.appengine.api.queueinfo.Acl(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

1 つのタスクキューのアクセス制御リストを制御します。

ATTRIBUTES = {'writer_email': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'user_email': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
google.appengine.api.queueinfo.LoadSingleQueue(queue_info, open_fn=None) ソース

queue.yaml ファイル / 文字列を読み込み、QueueInfoExternal オブジェクトを返します。

パラメータ
  • queue_info – queue.yaml ファイルのコンテンツ。文字列として扱われます。

  • open_fn - ファイルを開くための関数。使用されていません。

戻り値

QueueInfoExternal オブジェクト

exception google.appengine.api.queueinfo.MalformedQueueConfiguration ソース

ベース: exceptions.Exception

タスクキューの構成ファイルの形式が正しくありません。

google.appengine.api.queueinfo.ParseRate(rate) ソース

number/unit 形式のレート文字列またはリテラル 0 を解析します。

単位は s(秒)、m(分)、h(時間)または d(日)のいずれかです。

パラメータ

rate – レートを含む文字列

戻り値

rate/second を表す浮動小数点数

発生するエラー

MalformedQueueConfiguration – レートが無効な場合

google.appengine.api.queueinfo.ParseTaskAgeLimit(age_limit) ソース

タスクの経過期間制限(最大許容時間)を表す文字列を解析します。

文字列は、負でない整数または浮動小数点数の後に smh、または d (秒、分、時または日)のいずれかを指定する必要があります。

パラメータ

age_limit – タスクの経過期間制限を含む文字列。

戻り値

経過時間制限(秒)を表す整数。

発生するエラー

MalformedQueueConfiguration – limit 引数が、必要な接頭辞の付いた有効な Python 倍精度でない場合。

google.appengine.api.queueinfo.ParseTotalStorageLimit(limit) ソース

ストレージのバイト制限を表す文字列を解析します。

オプションの制限接尾辞は次のとおりです。
  • B(バイト)

  • K(キロバイト)

  • M(メガバイト)

  • G(ギガバイト)

  • T(テラバイト)

パラメータ

limit – ストレージのバイト制限を指定する文字列。

戻り値

ストレージの制限をバイト単位で表す整数。

発生するエラー

MalformedQueueConfiguration – limit 引数が、オプションの接頭辞が付いた有効な Python 倍精度でない場合。

class google.appengine.api.queueinfo.QueueEntry(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

1 つのタスクキューを記述します。

ATTRIBUTES = {'max_concurrent_requests': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'rate': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'name': '^[A-Za-z0-9-]{0,499}$', 'target': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'retry_parameters': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'acl': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'bucket_size': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'mode': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
class google.appengine.api.queueinfo.QueueInfoExternal(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

アプリケーションのすべてのキューエントリを記述します。

ATTRIBUTES = {'queue': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'application': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'total_storage_limit': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
class google.appengine.api.queueinfo.RetryParameters(**attributes) ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

1 つのタスクキューの再試行パラメータを指定します。

ATTRIBUTES = {'task_retry_limit': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'min_backoff_seconds': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'task_age_limit': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'max_backoff_seconds': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'max_doublings': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
google.appengine.api.queueinfo.TranslateRetryParameters(retry) ソース

TaskQueueRetryParametersqueueinfo.RetryParameters から取得します。

パラメータ

retry – キューの再試行パラメータを記述する queueinfo.RetryParametersqueue.yaml から読み取ります。

戻り値

taskqueue_service_pb.TaskQueueRetryParameters proto。retry のデータで更新されます。

発生するエラー

MalformedQueueConfiguration – 再試行パラメータが無効な場合。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境