google.appengine.api.files.shuffler モジュール

概要

Files API。

バージョン 1.8.1 以降は非推奨: Google Cloud Storage クライアント ライブラリを使用してください。

Files API Shuffler インターフェース

内容

google.appengine.api.files.shuffler.shuffle(job_name, input_file_list, output_file_list, callback)ソース

shuffler サービスを使用して mapreduce ファイルをシャッフルします。

パラメータ
  • job_name - 文字列としての一意のシャッフル ジョブ名。

  • input_file_list - シャッフルする api ファイルのファイル名のリスト。ファイルは、レコードとしてシリアル化された KeyValue プロトコル バッファがあるレコード フォーマットでなければなりません。

  • output_file_list - シャッフル結果を格納する api ファイルのファイル名の一覧。ファイルはファイナライズしないでください。レコードとしてシリアル化された KeyValues プロトコル バッファがあるレコード フォーマットになります。

  • callback –

    shuffle サービスのコールバック仕様。次のいずれかを使用できます。 url - デフォルトのパラメータを使用してデフォルトのキュー内のタスクがエンキューされます。 以下のキーを使用した dict も使用可能です。

    url: コールバックする url version: コールするアプリ バージョン method: 使用する HTTP メソッド(POST または GET) queue: タスクをエンキューする先のキューの名前

発生

shuffler サービスが利用できない場合、ShufflerUnavailableError。

google.appengine.api.files.shuffler.available()ソース

アプリで shuffler サービスが利用可能かどうかを判別します。

戻り値

shuffler サービスが利用可能の場合は True、それ以外の場合は False。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境