google.appengine.api.dosinfo モジュール

概要

DOS 構成ツール。

dos.yaml ファイルを解析し、メモリ内でこのファイルを処理するためのライブラリ。

内容

class google.appengine.api.dosinfo.BlacklistEntry(**属性)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

blacklist エントリは、ブロック対象の IP アドレスまたはサブネットを示します。

ATTRIBUTES = {'subnet': <google.appengine.api.dosinfo.SubnetValidator object>, 'description': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
class google.appengine.api.dosinfo.DosInfoExternal(**属性)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

dos.yaml ファイルの形式を示します。

ATTRIBUTES = {'blacklist': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'application': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
google.appengine.api.dosinfo.LoadSingleDos(dos_info, open_fn=None)ソース

dos.yaml ファイルまたは文字列をロードし、DosInfoExternal オブジェクトを返します。

パラメータ
  • dos_info - 文字列またはオープン ファイル オブジェクトとしての dos.yaml ファイルの内容。

  • open_fn - ファイルを開くための関数。使用されていません。

戻り値

解析された yaml ファイルの内容を表す DosInfoExternal インスタンス。

発生
  • MalformedDosConfiguration - yaml ファイルに複数の blacklist セクションが含まれています。

  • yaml_errors.EventError – yaml ファイルの解析中にエラーが発生しました。

exception google.appengine.api.dosinfo.MalformedDosConfigurationソース

ベース: exceptions.Exception

DOS API の構成ファイルが不正です。

class google.appengine.api.dosinfo.SubnetValidator(default=None)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validator

サブネットが解析可能で、有効な IPv4 または IPv6 サブネットであることを確認します。

Validate(value, unused_key=None)ソース

サブネットを検証します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境