google.appengine.api.datastore_entities モジュール

概要

Contact、Message、Event といった共通した種類のクラス。

こうした種類のほとんどは GData の gd 名前空間「kind」に基づいています。

http://code.google.com/apis/gdata/common-elements.html

内容

class google.appengine.api.datastore_entities.Contact(title, kind='Contact')ソース

ベース: google.appengine.api.datastore_entities.GdKind

連絡先: 個人、クラブやレストランなどの場所、組織。

これは gd の Contact kind です。http://code.google.com/apis/gdata/common-elements.html#gdContactKind をご覧ください。

連絡先に関するほとんどの情報は <gd:contactSection> 要素に含まれています。詳細については、この要素に関するリファレンス セクションをご覧ください。

これらのプロパティにはそれぞれ意味があります。これらはすべてオプションです。

title string 連絡先の名前 content string 注記 email Email* メールアドレス geoPt GeoPt* 地理的場所 im IM* IM アドレス phoneNumber Phonenumber* 電話番号 postalAddress PostalAddress* 連絡先住所 link Link* 詳細を表示するためのリンク category Category* この連絡先に関連付けられたタグまたはラベル

  • はこのプロパティが繰り返し可能であることを意味します。

CONTACT_SECTION_HEADER = '\n <gd:contactSection>'
CONTACT_SECTION_PROPERTIES = ['email', 'geoPt', 'im', 'phoneNumber', 'postalAddress']
KIND_PROPERTIES = ['title', 'content', 'link', 'category']
ToXml()ソース

プロパティを gd:contactSection に挿入するように GdKind.ToXml() をオーバーライドします。

class google.appengine.api.datastore_entities.Event(title, kind='Event')ソース

ベース: google.appengine.api.datastore_entities.GdKind

カレンダー イベント。

イベントの名称、説明、開催場所、主催者、開始時刻と終了時刻などの詳細を含みます。

これは gd の Event kind です。http://code.google.com/apis/gdata/common-elements.html#gdEventKind をご覧ください。

これらのプロパティにはそれぞれ意味があります。これらはすべてオプションです。

title string イベント名 content string イベントの説明 author string 主催者の名前 where string* 場所(GeoPt ではなく言葉で表したもの) startTime timestamp 開始時刻 endTime timestamp 終了時刻 eventStatus string いずれかの Event.Status 値 link Link* 詳細を含むページ category Category* このイベントに関連付けられたタグまたはラベル attendee Contact* 出席者やその他の関係者

  • はこのプロパティが繰り返し可能であることを意味します。

Contact プロパティは Contact エンティティのキーです。このようなプロパティは、リンク先を示す <gd:who> 要素として XML コーディングで表現されます。

CONTACT_PROPERTIES = ['attendee']
KIND_PROPERTIES = ['title', 'content', 'author', 'where', 'startTime', 'endTime', 'eventStatus', 'link', 'category']
class Statusソース
CANCELED = 'canceled'
CONFIRMED = 'confirmed'
TENTATIVE = 'tentative'
ToXml()ソース

GdKind.ToXml() を特定の author、gd:where、gd:when、gd:eventStatus にオーバーライドします。

class google.appengine.api.datastore_entities.GdKind(kind, title, kind_properties, contact_properties=[])ソース

ベース: google.appengine.api.datastore.Entity

gd 名前空間 kind のベースクラス。

このクラスには、すべての gd 名前空間 kind の共通ロジックが含まれています。例えば、このクラスはデータストア(app id、kind、key)タプルをタグ(<key> タグで使用できる URI)に変換します。

FOOTER = u'\n</entry>'
HEADER = u"<entry xmlns:gd='http://schemas.google.com/g/2005'>\n <category scheme='http://schemas.google.com/g/2005#kind'\n term='http://schemas.google.com/g/2005#%s' />"
ToXml()ソース

このエンティティの XML 表現を文字列として返します。

class google.appengine.api.datastore_entities.Message(title, kind='Message')ソース

ベース: google.appengine.api.datastore_entities.GdKind

メール、ディスカッション グループの投稿、コメントなどのメッセージ。

メッセージの件名、内容、参加者などのプロパティを含みます。

これは gd の Message kind です。http://code.google.com/apis/gdata/common-elements.html#gdMessageKind をご覧ください。

これらのプロパティにはそれぞれ意味があります。これらはすべてオプションです。

title string メッセージの件名 content string メッセージ本文 from Contact* 送信者 to Contact* 受信者 cc Contact* CC 受信者 bcc Contact* BCC 受信者 reply-to Contact* 応答先 link Link* 添付ファイル category Category* このメッセージに関連付けられたタグまたはラベル geoPt GeoPt* メッセージの送信元の地理的場所 rating Rating* アプリケーションによって定義されたメッセージの格付け

  • はこのプロパティが繰り返し可能であることを意味します。

Contact プロパティは Contact エンティティのキーです。このようなプロパティは、リンク先を示す <gd:who> 要素として XML コーディングで表現されます。

CONTACT_PROPERTIES = ['from', 'to', 'cc', 'bcc', 'reply-to']
KIND_PROPERTIES = ['title', 'content', 'link', 'category', 'geoPt', 'rating']
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境