google.appengine.api.croninfo モジュール

概要

CronInfo ツール。

CronInfo レコードを操作するためのライブラリで、アプリケーションの cron エントリを記述します。yaml からのレコードの読み込みをサポートします。

内容

class google.appengine.api.croninfo.CronEntry(**attributes)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

cron エントリは、単一の cron ジョブを記述します。

ATTRIBUTES = {'retry_parameters': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'schedule': <google.appengine.api.croninfo.GrocValidator object>, 'url': '^/.*$', 'description': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'timezone': <google.appengine.api.croninfo.TimezoneValidator object>, 'target': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
class google.appengine.api.croninfo.CronInfoExternal(**attributes)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

CronInfoExternal は、アプリケーションのすべての cron エントリを記述します。

ATTRIBUTES = {'cron': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'application': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
class google.appengine.api.croninfo.GrocValidator(default=None)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validator

スケジュールが有効な groc 形式であることを確認します。

Validate(value, key=None)ソース

スケジュールを検証します。

google.appengine.api.croninfo.LoadSingleCron(cron_info, open_fn=None)ソース

cron.yaml ファイルまたは文字列をロードし、CronInfoExternal オブジェクトを返します。

exception google.appengine.api.croninfo.MalformedCronfigurationFileソース

ベース: exceptions.Exception

Cron の構成ファイルの形式が正しくありません。

class google.appengine.api.croninfo.RetryParameters(**attributes)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validated

単一の cron ジョブのパラメータを再試行します。

ATTRIBUTES = {'min_backoff_seconds': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'job_age_limit': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'job_retry_limit': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'max_backoff_seconds': <google.appengine.api.validation.Optional object>, 'max_doublings': <google.appengine.api.validation.Optional object>}
class google.appengine.api.croninfo.TimezoneValidator(default=None)ソース

ベース: google.appengine.api.validation.Validator

タイムゾーンが正しく解析され、既知であることを確認します。

Validate(value, key=None)ソース

タイムゾーンを検証します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境